!extend:checked:vvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvv:1000:512

アフタヌーン(毎月25日発売)で『ヴィンランド・サガ』連載中
講談社より
『ヴィンランド・サガ』1〜25巻続刊(マガジンKC版は1,2巻のみ)
『プラネテス-ΠΛΑΝΗΤΕΣ-』1〜4巻(第4巻にて第一部完)
『プラネテス公式ガイドブック』『ふたごのプラネテス』
『プラネテス小説版』(著:常盤 陽)

幸村誠ツイッター
http://twitter.com/makotoyukimura
アフタヌーン公式サイト ヴィンランド・サガ
http://afternoon.moae.jp/lineup/172

前スレ
幸村誠総合 PHASE.106 ヴィンランド・サガ
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/comic/1614640012/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:: EXT was configured
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
  1. 関連スレ
    プラネテス -ΠΛΑΝΗΤΕΣ- 95th Debris
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1624798212/

    ※次スレは>>970が宣言して立てて下さい。立てられないなら立てられないと
     宣言し、代役を再安価して下さい。
    ※この板の即死設定は>>20です。新スレは>>20まで保守のご協力をお願いします。
  2. エイナル
  3. >>1おつ

    人を空中に吊るす…米国が残したブラックホークを飛行させたタリバン 850億ドルの装備がタリバンに渡った
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcfc8d700a2d70317873a4e8c7a84fe39fc0c94d

    売国バイデンのせいでこれから世界で中国とタリバンとISが組んだテロが増すだろうな・・・
    トルフィンがみんなが欲しがる文明の武器ナイフをプレゼントしたのは失敗だったかもね
  4. 新規移民の中にビッチ娼婦のヴァイキング娘出してウルフバートの相方にしやらないと先住民のかわいい娘が危険
  5. ちょっとまずい保守しないと落ちる
  6. シグやん
  7. グンナル
  8. 熊殺しのドロット
  9. ザクセンのビール
  10. バルドル
  11. アスゲート
  12. 俺は嗤わねえよ若旦那
  13. 金の奴隷
  14. 王冠の奴隷
  15. 面白い、これ程難しい和平交渉は初めてだ
  16. 大丈夫あんた方の事は考えてあるよ、冬越しの心配はしなくていい
    本当さ来年も再来年も冬越しの心配はしなくていい
  17. 随分タダ飯を食わせて貰った、そろそろメシ代を返さないとな
  18. 主人公に魅力が無い。他キャラの多くがキャラがたってるから面白いけど
  19. 主人公の魅力無いとは思わないけどパパそっくりの顔つきになってから聖人君子に寄りすぎだと思う
    平和主義一貫は構わんけどそれでも戦わなきゃならん場面は絶対出てくるでしょ?
    その葛藤は無くさないで欲しいんだよな
    国づくりの汚い側面をクヌートに背負わせたせいもあるかも知れんが
    トルフィンばかり綺麗事に偏らせ過ぎだと思う
  20. 屋根の上でガルムと戦った時アシェラッドの真似して挑発して切り抜けたじゃん?あそこは良かった
    もう一度復讐に走れとは思わんけどもっと強かさが欲しいわ
    この手の漫画にのほほん開拓ライフなんか求めてないからさ
  21. >>22
    聖人君子というか平和ボケしてるように見えてしまう、「取引」も「依存」も通用しないアシェラッド(非武装民衆を殺す強盗団)やトルケル(戦争中毒)見てきたのに全く考えに入ってないし、
    先住民と殺し合う争いがあったことを移民達に伝えてないところを見るとロクな対策も議論もせずに国を作ろうとした愚かさを描いて読者への反面教師にしたい作品なのかなと思う、
    それはそれで面白いけど仲間の命守るために本気出してほしいよね、バトル海編では運が良くて仲間の活躍でたまたま仲間が助かったけど主役が仲間助けたようには見えなくてイライラした
  22. 久し振りに最初から読み直すとアシェラッドの魅力が凄いわ
  23. >>23
    美味そうな飯食うシーンはもっと入れてほしいよ、この漫画の飯シーンは最高に美味そうで良い
    プリンスエドワード島名物?らしいロブスターとか牡蠣とかジャガイモとか最初の到着時に見つけて餓えしのいで感動するシーン入れてほしかった
    https://www.discovercharlottetown.com/content/uploads/2019/07/fall-flavours-in-charlottetown-crop-1562777153-1920x1006.jpg

    もうトルフィンって不殺縛りとヒルド縛りのせいで戦闘面での活躍微妙だから(複数に弓で襲われたらあまり活躍できない)
    商業的に成功する山場も明確に入れてほしいよ、今どれくらい資金や食料残ってるのか分かりにくいと「開拓地の資源でこんなに儲けて内部分裂の危機逃れた」「食料見つけて救われた」と喜ぶ山場になりにくい
  24. そりゃチート兵器もったら誰だってイキるだろw
  25. >>28
    いきなり口調が「てめえ!このやろう!」みたいに豹変しすぎなんだよ
    イキりすぎw
  26. ガルザルですら奴隷にされて酷い目に合う時代だし、元々コミュ障で拠り所も無いヒルドは強く見せないとあっという間に他者にマウント取られて奴隷扱いされてしまうと考えると応援したくなるよ、トルヒンは親の仇だし、
    ヒルドがウザく見えてしまうのは「トルフィン虐めるため出した」という設定ばかりが強く出すぎて、何が楽しくて生きてるのか分からない、成長もしない残念キャラになっているせいだろうな。
    早くヒルド妹出して「父も元海賊で人殺しだったの」みたいな過去バレさせて、トルフィンを心から許してヒルド自信の人生のために生きている様子を描いてあげれば好きになれるツンデレキャラなのに
  27. >>29
    あのボウガンを分解整備してるシーンあったけど
    あんとき襲えば簡単に無力化できる
    予備のボウガンあるけど連射できんやつだし

    取り上げてふん縛ったら元の赤面コミュ障に戻りそう
  28. アホらしマイノリティがウダウダグチグチ言ってんじゃねえよ
    ここまで来ていまだにバトル漫画だと思ってるアホって救いようがねえな
  29. どうした急に
  30. まあ、ヒルド自体はトルフィンのやったことって簡単には許されないよってこと出す意味では
    あったんだけど、今となっては扱いづらいキャラになってるな。ドラえもん的な便利さはあるけど。
    このままだと、トルフィンの動きが取れないので割と数話以内にあっさり殺されるんじゃないか
  31. >>31
    狩人オンリーな生活なのに何故か対人戦闘能力も高いような描写がある。至近距離でトルケルの手下に囲まれてても戦ってたり、シグルドを殴って一撃で気絶させたり直前まで馬をひきつけて回避するシーンとか。追跡、隠密能力も高い描写あり。対人戦において

    対人戦闘経験無しの狩人 > 対人戦闘を積んだ戦士

    という風に描かれてる
  32. >>35
    ところがこのヒルド嬢
    人は殺せないよ
    チートボウガン取り上げられたら
    もう何できん
    あれは金属パーツまで自作できんから
  33. 目の前に立った熊を冷静に対処して殺せるなら目の前に立った大概の人間は冷静に対処出来るだろう
    熊以上に体使った攻撃が出来る人間なんて殆どいない
  34. >>37
    残念、この漫画には一杯いる
  35. >>37
    熊相手に冷静に、ではなく激昂してたやん
    あれ師匠の最後の教えと真逆だわな
  36. 少数派のアホがヒルドにケチつけてんのかよホントアホだな
    ヒルドがいなきゃトルフィンの業を知ってる人間がいなくて何もなかったことになっちまうだろ
    物語的にもトルフィンに足枷は必要でヒルドがいなきゃ話にならないこともアホにはわからんか
    厳しいのは仇であるトルフィンだけで子供には特に優しいし大工仕事にも協力的でなくてはならない最重要キャラだわ
    マジで少数派のつまはじきもののアホさにはウンザリするぜ
  37. 前スレ>> 993
    ゴブリンスレイヤーもアニメ化されてるし乙女戦争も少しカットすれば大丈夫だよ、R18制限は円盤やらで解禁すれば儲かる。
    接近戦しかけてくる脳筋を非力な女性子供がバンバン打ち倒すシーンが爽快で熱いから歴史好きには最高の作品、弾圧に対抗するための現代に生かすべき知識満載、女剣士もいる。

    前スレ>> 994
    1000年前から何も変わってないタリバンの人権意識…しかも拉致したり親殺して子供と強制結婚だからな、そんな鬼畜タリバンを応援している媚中議員に投票する日本人がいることが恐ろしい
    前スレ>> 995
    ヴァイキングのドラマ作っているところが乙女戦争やら狼の口やらあの時代の実写化してくれるといいのにな、久しぶりにヴァイキング見たくなってきた、フロキのアイスランド移住は壮絶
  38. リアルでは誰にも相手にされない糖質ガイジがこんなところで必死に話し相手を探してる様は涙なしでは見ていられないな
  39. ヒルドってアシェラッドの変わりのキャラとして登場させた感あるけどイマイチなんだよ。
  40. それは違うと思う
  41. >>40
    落ち着けチー牛
  42. >更に追い打ちをかけてイジメてやれって登場したのがヒルドですね。
    >「常に24時間、お前は復讐される側だということを忘れるな」という戒めとして、良い役割を担ってくれています。
    https://media.comicspace.jp/archives/12242/3

    不殺は良いんだけど主役として魅力なくなったし、トルフィン個人の都合優先して行動していると仲間や大勢の人間の命と財産を背負っていることを考えていない平和ボケしたバカな主役に見えてしまう、
    不殺貫く意思ならせめて先住民と殺し合いが起きていた事件を移民全員に伝えて先住民にもし襲われたときはどう行動するのかを話し合うシーンは入れるべきだった、
    国づくりに欠かせない国防意識が欠落しているのでウルフバートの意見の方が正論に聞こえる、船が足り無きゃ襲われたときに食料や財産持って逃げられない、
    もしもヒルド縛りでこの後グダグダになって国づくり失敗したら、騙して連れてきたと責められて財産没収されて詐欺師のトル貧って言われてしまう
  43. >>46
    なんだかんだでトルフィンが粗野な口ぶりでヨーム兵をボコった回は盛り上がったからな
  44. ヒルドもイーヴァルもトルフィンの障害になるように作られてるキャラでイーヴァルに言わせてるのも作者だってのに作者の思惑通り掌で転がされてることに気づかずに長々とまあ恥ずかしいなこのアホ
    ただ単にこの期に及んでまだヴァイキングものだと思い込んでてバトルが見たいだけの幼稚な僕ちゃんには読むのは10年早いってだけの話
    もっと精神的に大人になってからにしなもっともこの様子じゃ何年たっても全く成長せず少数派のアホのままだろうけどな
  45. >>48
    ここでグチグチ、ぐだぐだ言っても何も変わんねーぞ?
  46. グチグチグダグダ言って自分の思い通りにしたくて変えたくてしょうがないのがこの少数派のアホだろ
    つまんねえ妄想話まで作って恥ずかしげもなく披露しちゃってさ
    こっちは何も変える必要もなくこの先どうなるのか楽しみにしながらこういうバカウォッチングしてるだけだし
  47. >>49
    何故全員にその言葉を返さないんだ?
    お前自身すらその言葉に含まれてるだろう?
  48. >>50
    君がいちばんグチグチグダグダ言ってるよ。バカウォッチングって言って自分を保ってるけど
  49. >>43
    こんな頭のイカれた奴までいるからな
    同じ漫画読んでるとは思えないズレにズレまくっている
  50. もう作品の粗探しとケチつける奴しかいないしこのスレ
  51. 槍野郎はウゼーなとか思ってたけど同時期のシグやん関係が面白かったから読み続けたわ
    シグやんもそのうち間接的にでも参加するんかな
  52. ガラプーw
  53. なんか突っかかってくるアホがいると思ったらアホの中のドアホだったのか
    知恵遅れはホント大変だな
  54. 原作サガをwikiで読んだけど、あともう原住民と揉めてアイスランドに帰って終わりなのか
    トルフィンの長く険しい旅の終わりとしてはあまりにあっけないから、どう膨らませるのか楽しみだな
  55. 楽しみか?
  56. おうよ
  57. 何か期待する要素微塵もないんだが
  58. >>58
    コロニーの遺跡からは人肉食が行われた痕跡のある遺体が発掘されているそう
    なんでこの先暗い気持ちでしか読めない。
  59. 別に源作って訳じゃないし同じ終わり方する必要もないんだがな
  60. ヒストリエもあんなんだしなぁ。
  61. >>47
    あの優しそうな先住民相手じゃ殴り合う様子が想像つかないんだよね、戦えなくなったトルヒンの代わりにオカマが覚醒してギャグっぽく終わりそう、新手のやばそうな部族が出てきたら面白いのにな
    >>58
    クヌートの方もトルケル関係の大きなイベント残ってるからちゃんと描いて欲しいな
  62. >>65
    あのヘタレ部族が好戦的な多部族に皆殺しにれるとか
    ハードな展開なら持ち直すかも
    争いのない世界なんざ無いってことをヘタレトルヒンに突き付けるわけよ
  63. >>66
    お前みたいなのが居るから争いは無くならないよな
  64. >>62
    マジか。ランスオメドー?
    よかったら読んでみたいからソースあったら教えてくれ
  65. 実際、アメリカ大陸に残った集団っていないのかね。トルフィン達の船団意外にも
    ちょくちょく移住していてもおかしくないし、先住民に同化しちゃったとかならありそうな
    気もするけど。
  66. >>67
    争いが無くなるわけねーーーだろw
    アホw
  67. >>69
    人種が違いすぎるのでぶっ殺されるだろ
  68. >>66
    こんなつまんねー奴が批判してんだから笑える
  69. >>67
    と、こいつ自身が争いしてるの笑える
    自分で気づかない知能なんだろうけど
  70. イザコザの原因は疫病が怖いよ
    病死ってほとんど扱わなかったからわざとなのか知らんけど最後に持ってくるのかもしれんし
  71. >>73
    事実を言ったら争いになるんだよな
    知能低いよな
    おまけに攻撃的で西洋人の侵略者と変わらない
  72. つまらねえ少数派のアホがまた懲りもせずつまんねえストーリーお披露目してんのかよ
    それより「脳筋を非力な女性子供がバンバン打ち倒す」なんて戦記もので一番冷める展開だろ何が面白いんだ?
    そんなありえない話を「爽快で熱い」とか全く共感出来ない上にさらに「歴史好きには最高の作品」ときたもんだ
    ???全然理解できない何を言ってんだコイツ?
    「脳筋を非力な女性子供がバンバン打ち倒すシーンが爽快で熱い」と「歴史好きには最高の作品」が全く繋がらないどこが?って感じ
    ヴィンサガにケチ付ける前にまずそのトンデモ話に突っ込めよ何しに来てんだこのアホ
  73. >>69
    実はこの辺の部族はコーカソイドの遺伝子が残ってる
  74. >>68
    数年前に速報的な記事を読んだ程度ですのでその後の詳細な話はわからないです。
    先住民の古い墓から北欧人の骨やら遺物が発掘されるみたいなことがあったら
    このマンガ的には丸い話に収まりそうですが。
  75. >>77
    ああやっぱそうなんだ。まあそりゃ何個かの移民団は定住しているだろうし
    一方で本国からの追加移民がないと大した数にならないから先住民と同化するのが
    おちだろうな
  76. >>76
    まずお前が相手にしてるのは長いこと居着いてる糖質ガイジだってことを理解しな
    乙女戦争なんてイチオシしてる趣味嗜好がまるで違う変人が狂った感性を一方的に押し付けてくるだけなんだからそこはハナから理解する必要はないんだよ
  77. 平和で平穏なのは物語にならないから歴史として語られないんだわな
    戦って血湧き肉踊るのが物語になって語り継がれて歴史になる
    だから歴史の記述の大半が戦いになるという構造的な問題
  78. >>76>>80
    同一人物だよね?銃の原型ができて非力な民衆が戦えるようになった時代をよく描けている乙女戦争そんなに叩くなんて歴史好きとはとても思えん
    最近の素手でサクサクと武装した敵を倒すトルフィンの方がファンタジー臭くなってるよ。

    ヤン・ジシュカはアシェラッドそっくりの狡猾さだからヴィンランド・サガ好きにはお勧めの歴史漫画でしょう
    レ〇〇シーン多くて引くという気持ちはわかるが現在でもタリバンが子供拉致して性奴隷にしたり少年兵にしたりしているし、今でもリアルな現実だよ目を反らしたらダメ
  79. >>82
    性癖が高じて歴史に入ってきた奴の価値観なんてこんなもん
    こういう奴は歪んだ性癖を正当化するために免罪符として歴史を利用してるだけ
    長々と回りくどい理由付けをしているが結局残虐描写やソレが見たいだけなのは明白
    大西はそんなのばっかり描いてるしソレを売りにしてる節があるからお前みたいな奴の琴線に触れるんだろう
    幸村はそれとは毛色が違いすぎるし元々お前には合ってないんだよ
    いくら喚こうがお前の望み通りになることは絶対にないことをいいかげんに理解しろ
  80. タリバーンと戦った11歳少年、銃撃され死亡 アフガン 。 ワシル君の父親はタリバーンに殺害されていた。2016
    https://www.cnn.co.jp/world/35077428-2.html
    まるでリアルトルフィンみたいな壮絶な人生・・・
    >>83
    作者自身が暴力について考えてもらうために暴力やウソ臭さのないリアリティ描きたいと言ってるし、残虐描写があったからこそ売れた作品なのに何言ってるの。
    この先暴力無しの展開が続いて面白くなると思うの?暴力が存在するから頭のいい対抗策を打ち出すトルフィンの活躍が光るんだよ(今のところ運任せの平和ボケに見えているが)

    >>78
    先住民インディアンの文化 富田虎男 PDF 立教大学学術リポジトリ のpdfによると、
    1609年の移民は「先住民脅して食料奪うが飢餓で苦しみ死んだ仲間の肉を食べあさった、埋葬されたインディアンの肉まで食べあさった、500人中60人しか生き残っていなかった」とあるね
    1010年のトルフィン開拓団は余裕ありすぎるからもっと内部のピンチも描いて盛り上げてほしいな、ネズミが出てきたのは飢餓と疫病の前フリかと思ってたけど。

    立教大学学術リポジトリ検索すると読める「幸村誠 漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」は作者の考えが分かって面白い、主役の活躍より読者にいろいろ考えてもらう事を優先しているみたいだけど
    トルフィンファンからしたらもうすこし主役に活躍させてあげて欲しいと言いたくもなるだろう、農奴編ラストもバルト海編も運任せでグダグダだったし
    >>66
    ミクマク族は現在もいるし、中国みたいなジャイアン族が近隣にいてミクマクに「あいつらに贈り物増やすように言え」と内政干渉の圧力かけてくる方がいいかも
  81. >>84
    直接的な描写を描かないと売れない同人作家に毛が生えた程度のスキルしかない大西の言い訳に過ぎない
    それをメインにしなくても戦争の悲惨さ愚かさを伝えられて売れてる歴史漫画はある
    自分でソレがないと売れない漫画だと言ってしまってることに気づいているか?
    大西はもうお前みたいなのをターゲットにして商売しないとやっていけないからソレを描くしかないだけ
    だからそういう奴等にしか評価されないし言うほど売れてもないわけだ
    乙女戦争自体売れてるとは言い難いし確か打ち切りになる噂もあったと記憶している
    これは不確かで違ったら申し訳ないが
  82. 「ぼくちゃんのだいすきなさくひんをひはんするひとなんているわけない!おなじひとだ!」ってかwマジでイカれてんな
    さすがに読まずに批判するのは悪いと思って1話無料で見て来てやったわ
    まず表紙の時点でゲンナリしながらなんとか読み終えたがまあ想像通り惹かれる部分は全くなかったな
    始まりとしてはありきたりだし問題と思われる場面も酷いはずなんだけど画力が低いせいであまり感じない
    問題は「なんでコイツだけ生きてんの?」ってことなんでここにツッコまないの?ナニコレ?
    周りの子たちは特に外傷もなく死んでるのに同じ目にあったこの子だけ生きてるのはなぜ?why?どういうことなの?
    大人たちは皆吊られて丁寧に殺されてるのにこんな殺意の高い連中が放置するかね?生きてるかどうか確かめるんじゃないの?甘くない?リアリティとは?
    仲間になる経緯も軽すぎる知らない人間の言う事をあっさり受け入れすぎだし決断も早すぎるザ・ご都合主義
    ヤンとやらが直接助けに来てあの部隊を壊滅させて命を救い戦いぶりを見てから参加する流れならまだ自然と言えるかな恐怖と苦痛しか知らない少女が即断で参加するにはあまりにも関係性が浅すぎて笑っちゃうレベルのおそまつさ

    とまあこんなもんかなwどうだ?ウゼェだろ?自分はするけどされるのはイヤイヤなんて甘ったれたことは言わせねえぞこの野郎
    1話だけでこんな有様なんだからまだまだこの先ツッコミどころ満載なのは間違いないなw金出してこんなの読む気にもなんねえからここまでにしといてやるよありがたく思えw
  83. >>85
    売れてないけど面白い渋い歴史漫画なんて幾らでもあるんだけどそれらもディスってるの?

    乙女戦争はフス戦争時代の雰囲気がリアルに感じられる貴重な漫画だよ、最初は主役の絵柄が幼すぎて気に入らなくて読んで無かったけど、歴史考慮がしっかりしているし、
    戦争描写も熱いし、絵も上手いと分かって全巻揃えたよ、ぬるい描写の漫画では敗戦の悲惨さがここまで伝わることはない、平和ボケした現代人・弾圧に苦しむ人達みんなが読むべき漫画、
    現代でも何か新しい戦術生み出せば香港やミャンマーで弾圧虐殺されている人達を救う画期的な方法が見つかるかもしれないと考えさせられたよ。

    >>84は幸村先生の言ってる事だけど、理解してる?

    >幸村誠「『暴力が嫌い』を描きたかったら、描く世界は暴力に満ちたほうがいい。」「ああ、こんな世界で暮らすの嫌だ」ってみんなに思ってもらわなければいけません。
    https://media.comicspace.jp/archives/12242/2
  84. >>87
    呆れたもんだ…この漫画が売れてるのが残虐描写あってこそと思い込んでるのはお前ぐらいだ
    ガイジ具合を見誤ってたよここまでズレてるとはね
    よくここまで自分の主張が全てだと思い込めるよなそうやって自分の世界に閉じ籠ってるから誰にも理解されず誰とも合わずネット内で必死に話し相手を探すハメになってるんだぞ
    暴力に満ちた世界を描くフェーズはとうに過ぎてるストーリーも健常な読者ももう新しい局面にちゃんと移行出来てるんだよ
    残虐描写がみたいだけのお前はそれを理解出来ず受け入れられず取り残された落伍者だってこと
    おとなしく大西の次回作を待ちながら同人誌読みあさってりゃいいんだよ
  85. よく見りゃ多少建設的な話もしてるのに何で意味もなく貶しあってんの
  86. ま〜た少数派のアホがマヌケ晒してんのかよ
    少数派のアホが何を考えようが大勢にはなんの影響もない勝手に1人でそう思ってろっての
    ひろゆきは好きじゃないけどまさに
    「それってあなたの感想ですよね?」
    の一言で終わる話をいつまでもウダウダ続けてんじゃねえよ
  87. >>86
    1話しか読まずに作品語っていたのか・・・皮肉にしてもまるで説得力無いよ、
    画力が低い?絵柄や性癖が気に入らなくて叩きたくなってるだけでしょう、安定感のあるあのレベルの絵を画力が低いと言っちゃうなんて見る目無さすぎる。
    身寄りのない子が拾われるなんてそんなに不思議じゃない、6歳のトルフィンが一人で復讐しに行くとかご都合主義なんてヴィンランド・サガにも幾らでもあるでしょ。
    ご都合主義が漫画であるのは仕方ないがその割合が多すぎるとウソ臭い茶番になるから山場増やしたりリアリティある描写増やしたり他の部分で補う必要がある、乙女戦争も人間関係こじつけすぎたりグダグダな所がある、
    最近のヴィンランド・サガはご都合主義やギャグや茶番増えすぎていまいち山場が盛り上がらないと突っ込まれているわけだよ。

    >>88
    ガイジってどういう意味?障碍者の人達を馬鹿にしているの?そんな発言する人の意見読む価値ないよ。

    >>90
    >幸村 少年で奴隷という設定を考えていましたが、編集者から、そうではなくトルフィンをヴァイキングとして戦争を描け、と。そのアドバイスはまったくもって当たっていて
    https://www.famitsu.com/news/202011/10209104.html
    幸村先生は他人の意見聞ける頭のいい人だからね、周りがちゃんと素直な感想言ってこそもっと上の名作を目指せるってものだよ
    このまま山場がいまいちで主役があまり活躍しないまま終わっても画力とテーマは素晴らしいからそこそこ面白い作品にはなるだろうが、もっとリアルで世界中で人気が出るもう一歩上の作品目指してほしいということ。

    >>89
    批判的な感想は一切許さないマンがいるからね、人格攻撃までしてくる必死さだから会話にならない
  88. 今でもアニメ二期決定するくらいの海外人気はあるけど、山場増やして茶番減らせばもっと売れる作品になれる
    二期アニメのクヌートパートは略奪しろとせかすフローキと気乗りしないクヌートの確執をもっと追加した方がいい、100殴り後の会話からの気変わりでクヌートがただ虐殺しに来たバカに見える、
    フローキとの確執が増せばバルト海編も盛り上がりが増す、ガルムはヨーム軍の要的なポジションをもっと強調しておけばトルフィンの活躍が仲間助けることに繋がったようにも見えるようになる。
  89. 俺が考えた最強のヴィンサガ を披露する人はいっぱいいるけどその力を持ってなろうでもなんでもいいから
    どっかからデビューして俺たちに良質の作品を供給してほしいと感じる
    まあゼロから作品を作る力はないけど横から口を出すのは得意ですみたいな編集者タイプもいるんだろうけど
  90. 久しぶりにスレ覗いたら魑魅魍魎同士が長文でマウント合戦してるのほんと草
    他の作品貶めたって自分の推しの評価が上がるわけでもないし
    それに反論するのも不毛オブ不毛だって理解しろよ
  91. だがこれこそ人間だ。罪を犯し迷い続ける人間の姿そのものなのだ
    神に捨てられたこの者たちを救わぬ事には楽土の建設など到底おぼつかぬ
  92. ミクラガルド編見たかったなァ
  93. >>96
    連載のテンポが3年遅れますがよろしいですか?
  94. その質問には大半がよろしいと答えるだろうと思われる
  95. 3年もかからんでしょう、昔みたいに少ないページに起承転結上手くまとめた話を増やせばいい、説明会話が最近多すぎてトルフィンが昔の自分忘れて国防ロクに考えてない平和ボケに見えてしまう

    第17話 イングランド—1008年— https://comic-days.com/episode/13932016480029484828
    17話は、主役の活躍あり、生活感や歴史背景を感じられ、メルケルおばさんのキャラ立ちあり感情移入もでき、怪しい移民放置するとロクな事にならないという社会教訓まであり、素晴らしくうまくまとめられている
  96. >>99
    初期は面白いんだよな
    初期は
  97. ガルムがほんと嫌い
    ただのサイコキラーでしょこんなキャラいらなかったと思う
  98. ゴミ漫画を大絶賛してこんなとこまで宣伝に来るクソ虫にケチつけられる謂れなんてねえんだよ
    てめえの居場所なんてここにはねえからなゴミ漫画を崇めてる天然記念物なんざ死滅してかまわないからコッチも貶し続けてやるよ
  99. なんか寝れねえから眠くなるまで貶してやるか
    1話で読者を鷲掴みに出来ない駄作だから売れてねえんだろうがよ
    会ったばかりのガキの古臭い恋愛模様だのに無駄なページ割かないでとにかく1話目であの眼帯ジジイの強さを読者に知らしめなきゃいけなかった
    主人公が何も出来ない無力な少女なら代わりにあのジジイが魅力的な存在じゃないといけないのに何もしてないのにやたら偉そうに大口叩いてる得体のしれないジジイでしかない
    だから先の展開に全く期待感がないただただ不快で悪趣味なゲテモノ漫画で1話が終わってしまっている
    こんなんで金払って続きを読めなんておこがましいわ冗談じゃねえ
    絵・構成その他ひっくるめてたった一言「ド下手」で終わりそら売れねえわな
  100. 「乙女戦争も人間関係こじつけすぎたりグダグダなところがある」
    あれれ?なんか完全無欠な最高傑作みたいなノリで乗り込んできたくせにちょっと突っ込んだだけで一気にトーンダウンしたねえw
    何急にハードル下げて保険かけようとしてんの?すげえダセェよお前

    「最近のヴィンランド・サガはご都合主義やギャグや茶番増えすぎていまいち山場が盛り上がらないと突っ込まれているわけだよ。」
    言ってるのてめえだけだろ少数派のアホが多数派気取ってんじゃねえよこのタコ

    「周りがちゃんと素直な感想言ってこそ〜」
    コッチまで恥ずかしくなるわお前こんなとこでくだ巻いてりゃ反映されると本気で思っちゃってるわけ?いよいよ病院の世話になったほうがいいんじゃねえの?
    距離感を盛大に間違ってるよ自分を何だと思ってんの?
  101. つまんねえ少数派のアホがこうすれば売れるなんて世迷い事でしかねえわな
    現にこのアホ絶賛お薦め中のお子様ままごと戦争漫画は売れてねえんだからなんの説得力もないわ
  102. まーた湧いてきた
    戦争やりたきゃ当該スレに行ってやれよ
  103. 構うなNG入れて放置しろ
  104. 戦争やりたいなんて話誰もしてないのにw
    頭悪いんだろうか…
  105. 幸村漫画は、題材が何でも人類愛を説く宗教漫画になる
  106. >>108
    行間読んだら?
  107. >>103
    ヴィンランド・サガ 第1話 北人 と1話のページ数が違うのに何言ってるんだか呆れる、同ページ数読むと乙女戦争序盤も上手く活躍や紹介がまとまっている事がわかる。
    >>104 文脈読めず勝手に人の脳内解釈してレッテル貼って被害妄想抱いてるんだろ、狼の口の話していたから乙女戦争の話出ただけなのに何と戦ってるのやら。

    >>100
    面白いキャラがいっぱいいたし山場も刺激も豊富だったからね。

    >バイキングの遺跡、カナダ東部の島で発見 1000年前の製鉄の痕跡か、北米で2例目
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/040500122/
    >989年から1020年の間に築かれ、集会所が3つあったほか、機織りや鉄鋼、船の修理のための小屋が建てられていた。
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6939/
    今からでもヒルドの才能いかして船や砦作らせる指示をトルヒンがするといいのに、天才に雑用やらせているのもったいない、新規開拓者の中にヒルドの夫になるキャラもほしい
  108. ガルムのような変な性格のキャラは不人気の傾向か?
    トルケルもキャラは濃いのだ
  109. 長文はほぼ読み飛ばしてるけど
    トルヒンていう書き方にじわるわ
  110. 小さいィが打てない、お迎え間近のお年寄りを笑っちゃダメ
  111. 1000回は既出
  112. トルフィンが軍事に則った考え方をするみたいな事書かれてたけど
    兵站とか指揮官クラスの能力身につけてたっけ?戦士時代はナイフ持って暴れてたイメージしかない
    いろんなスキルが追加されていくな
  113. >>114
    打てる打てない言ってるお前もおじいちゃん
  114. >>117
    一応イングランド最高クラスの参謀アシェラッド直属だし、学ぶ気があれば学ぶことは多かろうが
    戦士時代は猪武者だったしなぁ
  115. やっぱり打てなかったのかw
  116. とるひんって作中で使われてるネタなのにくだらないことで煽ってるな。
    >>117
    逆に話が通じない犯罪者・略奪者がゴロゴロ居る世界という現実を記憶から無くしている赤ちゃんトルヒン、
    家族や仲間の命・財産より「戦わない」という意志を優先して貫くつもりなら早く開拓者みんなで話し合って法や現実的な防衛策を練る話を入れないと
    争い起きてから話し合っていたら戦う人達と逃げる人達に分かれてグダグダになる
  117. >>117
    商人は物資の輸送と管理に長けてるので優秀な兵站担当でもあるんじゃねーの?
  118. ま〜だ少数派のアホなゴミ漫画激押し君がつまんねえストーリー垂れ流してんのかよ
    つまんなくて売れない漫画を賞賛してるマヌケが面白くて売れてる漫画にどの面下げてケチつけてんだ恥を知れよ
    面白いのに売れない漫画なんて少数派のアホの戯言なんです面白ければ売れてるんです面白くないから売れないんです世の中結果が全てでそういうふうに出来てるんです
    自分が世間から大きく逸脱して乖離してるつまはじきものだと自覚して行動しろ人様に迷惑をかけるな
  119. 1話しか読んで無い漫画を親の仇のように叩いたり、売れてない作品は面白くないと決めつける人間の意見なんて説得力ゼロ、上辺でしか物事判断できない人間の典型的な例。

    乙女戦争+外伝読んだ後にヴラド・ドラクラ(串刺し公 ヴラド3世の物語)読むと同時代の雰囲気に浸れてさらに面白く読める。

    >>112>>101
    ガルムはトルヒンに当てつけるための取ってつけたような倒しがいのない敵だったからね、
    まだ何の実力も見せてないウルフバート兄弟も派閥増やしてトルフィン一派の脅威になるくらいじゃないとつまらないキャラのまま終わりそう
  120. ガルムについてちょっと思うところがあるんだが、
    トルケルは1039年にウェールズとの戦いで戦死したという説があるんだが
    この時のウェールズ側の王がGruffydd ap Llywelynと言う
    どうも音がガルムに似ている
  121. 売れてない漫画は面白くないのは当然じゃん面白いと思ってる人が少ないから売れてないんだから
    だからお前は少数派のアホなんだよ少数派がいくらさえずったところでゴミはゴミなんです
    お前みたいな奴がゴミを持ち帰ってきてゴミ屋敷にして周りの人達に迷惑かける異常者になるんだよ
  122. 米の方が売れてる定期
  123. それは値段手軽さという要素を一切考慮せず味を語ってるコイツのアホさがネタになってる画像だろ
    同じ条件で完全な味(中身)で勝負してる漫画には通じない話だ
    これを無理やり絡めるなら不味くて売れないハンバーガーがお気に入りの味オンチが美味いハンバーガーにケチつけに来てるってトコ
    しかも1口食って吐き捨てたものをもっと買って食ってから言えとメチャクチャなこと言ってくるアホ
    美味いものは1口目から美味いんだよだから評判になって売れてんだあのゴミクソ漫画は始めから失敗して全く話題にもならず売れてないってだけの話
  124. 宣伝工作や惰性やタイトル詐欺だけで人気ぶってる駄作が増えているのに、隠れた名作品全てに喧嘩売る偏見バカは「話せばわかる人間ではない」。

    > 1626年:オランダ西インド会社がマンハッタンを「インディアンたちから24ドル相当で買い取った」と一般に言われている。が、これは実際には、60ギルダー分の交易品との交換だった。
    >そもそもインディアンには「土地を金で売る」という文化は無かったので、この取引自体理解していたかどうか疑わしい。実際、島を買い取ったと思い込んだオランダ人とレナペ族とは長く抗争が続いた。
    http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=9548
    > 1737年、英国の入植仲買人ウィリアム・ペンの息子たちは、「我々が一日半で歩いて回れるだけの面積の土地を、白人入植者に売ってくれないか」と持ちかけた
    >酋長がこれを承諾すると、ペンは14人の屈強な男たちに、1日半(36時間)かけて281キロメートルを歩かせた。こうして、デラウェア川一帯4,860平方キロメートルの土地は、白人のものとなってしまった。
    http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=865724

    トルフィン達がしているのは「暴力を用いない侵略」なんだよな、先祖代々守ってきた縄張りの土地を占拠するという対価にしては贈り物が少なすぎると文句言う反抗的な先住民も増やしてほしい、
    もしもアイスランドに他国移民が数十人押し寄せて土地を勝手に利用始めて少しの贈り物しかしなかったら速攻で襲撃されて奴隷にされるだろうな
  125. 掲載誌が違えば前提条件も全く違うだろ
    そも中身で勝負してるしてないの判別はどこでされるんだw
    乙女戦争はタイトルくらいしか知らんが
    知名度としてはマイナーでも面白い漫画は沢山あるよ
  126. >>130
    赤毛のエイリークが上陸して開拓したグリーンランドでは現地人を殺戮した痕跡も現地人に襲撃された痕跡も無いがね
    土地の所有の概念が無いのに外来者を見た途端に敵視する集団の例は少ないよ
    敵対が始まるのは外来者によって衣食住のリソースが脅かされてからだね
  127. そりゃグリーンランドの先住民族は絶滅して無人だったし、イヌイット系が新たに移住してきたのは
    トルフィンたちから100年後くらいだもん
  128. それと「土地の所有」と「縄張り」の概念は別よ
  129. >>132
    > 900年、1100年、1300年、1500年時点での、アイスランド、グリーンランド、ラブラドル半島、ニューファンドランド島、その他カナダの北極圏の島における民族の移り変わりの推定図。
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/32/Arctic_cultures_900-1500.png
    http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=902694
    アメリカ先住民の諸語族の分類 http://www.eonet.ne.jp/~libell/1indi.html

    グリーンランドは広いしノース人少なかったから遭遇率低かったんじゃないかな、ヘタに長距離動くと死ねるw。
    土地の所有の法観念が無くても作中で言われているように複数の部族がいて縄張り意識や戦争はあっただろうし、平和的な先住民ばかりだともしも争いが起きた時にトルフィン達があまりにも悪役になってしまいそう
  130. グリーンランドの現地人は絶滅していなかったがどこからその様な話が出て来たのかな
    グリーンランドの北に現地人が住んでいてノース人はスクレリングと呼んでおりわずかながら交流もあった
    現地人の住居跡の発掘でノース人の産物が見つかっている
    ノース人とスクレリングは生活様式がまったく違い、極北の気候に特化した生活で海獣を主な食料にしたスクレリングに対し
    ノース人はヨーロッパ由来の生活を崩そうとせず牧羊の肉を食し極寒の地で胸元が開いた服を着ていた
    衣食住に何も被る所が無いので奪い合いが発生せず苛烈な確執が起こる事は無かった
    後に小氷河期でグリーンランドのノース人は衰退し居住地は放棄されるが、その過程で現地人との奪い合いが生じなかったのは
    ノース人はあくまで現地人をスクレリング(野蛮人)と下に見ており現地人の生活や食事に何の興味も示さず
    彼らのアザラシ狩場などを奪う気も起きなかったからだろう
  131. >>135
    ことさら平和的と言う気は無いがね
    よそ者を見たら敵意を持つのがまるで本能のように当たり前と思い込むのは正確な判断の邪魔になるという話
    よそ者を見て反射的に敵だと思うのは文化の話で本能では無い
    白人の植民地化の歴史を見ても現地人が白人を敵だと思うのは具体的な障害が出てからの方が圧倒的に多い
    そして生物学的に見れば極端に排他的であるとその集団では遺伝の多様性が失われ衰退する
    この点から歴史上で未知のよそ者を遭遇した瞬間に敵と断じ襲撃して排除する事が少ない理由が説明できる
  132. >>136
    >[東入植地 食生活] 牧畜を補うものとして重要だったのがシンリントナカイとアザラシである
    http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=4017775
    >グリーンランドのトナカイ  https://www.youtube.com/watch?v=59ARQKPbx7g
    グリーンランドで争い起きなかった一番の理由は移動も大変な極地で生活圏が被らなったことでしょう、アザラシやセイウチみたいな肉の塊が転がっていたらそりゃ狩って食いたくなるw
    >>137
    >>130は脳筋レイフ弟みたいにいきなり襲うと言う話じゃないよ、自分たちに不利益になる移民が生活圏に押し寄せてきたらそりゃ敵意持つし追い出したくなるという話。
  133. >>138
    ああ魚類の方だったか
    そうであっても食うに困ったノース人が現地人への略奪に走らなかった事には変わらないが
    そのうえで
    >争い起きなかった一番の理由は移動も大変な極地で生活圏が被らなったことでしょう
    は解せないね
    南極のように1年中吹雪が吹いてる気候では無くまして当時は今よりも気温が高い
    そして現地人の居住地からノース人の産物も発掘されているのに移動が大変と言うのは思い込みでは無いかね
    交流があり産物を運べる程度の距離で惨劇が起きなかったのは奪い合いしたいような物が無かったからだろう

    次に
    >脳筋レイフ弟みたいにいきなり襲うと言う話じゃないよ、自分たちに不利益になる移民が生活圏に押し寄せてきたらそりゃ敵意持つ
    については具体的に何が不利益になったかを上げないといけない
    英国のオーストラリアやニュージーランドの植民地化、アメリカへのピルグリム・ファーザーズの入植、果ては日本のアイヌの事でも
    当初の移住して来た事自体には現地人は反感を持っておらず、後に移住側が力を持って牙を向いた事によって敵対が始まった
    こうした事はトルフィンの入植で起こる事態では無い
    言うのとは逆にレイフの弟のような跳ねっ返りが問題を起こす事の方が実際に起こりそうな事じゃ無いかね
  134. >>139
    探検のプロですら気象の変化でうっかり死亡事故起こすし、リスク無視して争うには向いてない場所でしょう、相手の方が多いと怒らせてはまずいと躊躇もする、
    理由は色々あるんだろうが争い避けられた一番の理由はやっぱり距離置いて暮らしていたからでしょうよ、交流していた人も少しはいたのだろうが。魚食ってなかったという話は胡散臭いw
    跳ねっ返りが先住民にいないと言うのは綺麗に描きすぎだろう、跳ねっ返りのバカ同士が争い起して周りを巻き込んでいく方が自然に感じる。
    アイヌの語られている歴史はどこまで本当かなんて昔のこと過ぎて分からない、分かっているのはすでに何度も金が支払われているのに加害者じゃない現代の日本人の税金からもなぜかアイヌに莫大な金が払われているという理不尽さ

    >【悲報】「アイヌ民族」は先住民ではなく”侵略者”だった。 http://question56.blog.jp/archives/23019595.html
    > アイヌ利権の闇〜日本に忍び寄る、第三国の影〜 ttp://worldforecast.jp/fuwfs4_ainu_ydn/
  135. 古い漫画ならともかくネットが普及してSNS全盛の時代に隠れた名作なんて成りえないんです
    面白ければ発見されてあっという間に拡散されて話題沸騰で売れるようになってるんです
    こんな時代にまったく取り上げられず話題にならず箸にも棒にもかからないガチで売れてないゴミ漫画を名作の括りにねじ込んでくるアホがなんか言ってらあ
  136. メジャー誌で連載を勝ち取るのも漫画家の実力に懸かってるだろアホは進学校に行けないようにな
    メジャー誌だからって絶対に売れるわけでもなくつまらなければ酷評の嵐であっという間に打ち切りになるリスクはメジャー誌のほうがはるかに高いからな
    一方でマイナー誌でもダンジョン飯みたいに面白くて話題になって売れてる漫画も普通にあるわけだし結局は中身なんだよ
    面白いかどうかは個人の主観に依るところもあるだろうが面白いと思う人が多いから売れてる少ないから売れてない売り上げという結果を無視は出来ねえだろ
    「ぼくのだいすきなまんががこんなうれないわけないおかしいこうさくださぎだ」なんて少数派のアホの負け犬の遠吠えだわな
  137. 以前は品性下劣な作品を人知れず投稿していたドマイナー作家のネット投稿の新作がSNSであっという間に拡散され話題沸騰しフォロワー爆増、完結と同時にメジャーアーティストがテーマソングを発表、書籍化、テーマカフェ開店、映画化までされた例の漫画は名作でしたか…?(小声)

    まぁそれはそれとしても
    人気(話題性、知名度)がある・売れている作品=名作(中身がある)という理屈はある意味では正しいけど
    "その逆もまた真である"は必ずしも正しいとは限らないと思うけどね

    ジャンルによっては一般受けしないものもあるし商業的に売れてるかどうかは
    人気のバロメーターのひとつでしかないよ
    逆に人気があっても打ち切りになって電子書籍化もされない作品だってあるしね
  138. >>140
    さてさて
    いろいろ思うところがあるが一つ聞きたいのは
    今進行している漫画で「跳ねっ返りが先住民にいない」
    と断言出来るのは何故だろうか
    先の事は分からないのに今後出て来る可能性を全く捨てて予知能力でもあるかの様に語れるのは実に不思議だ
    思い込みと事実の切り分けが頭の中で出来なくなっているんじゃないかね
    総じて見るとまるで「自分の理解できない事実があるのは事実の方がおかしい」と言っているような態度だ
  139. >>144
    そりゃ言葉尻とらえた揚げ足取りだよ、今後そんなやつが出てきたら面白いねという話をしている。
    >>141
    まるで文化大革命の毛沢東みたいな偏ったやつだなw。あんたの言う売れたから面白い作品の基準って何〇万からなのよ、そんなの決められないでしょ。
  140. 漫画なんて隠れた名作だらけだわ
    売れてる漫画で面白いのってほぼないし
  141. そのうちイーヴァルが一悶着起こすだろ
    黙って読んどけ
  142. >>140
    >現代の日本人の税金からもなぜかアイヌに莫大な金が払われているという理不尽さ

    そらアイヌに土地を返してないからでしょw
    「返さない代わりの賠償金」なんだから返すまでは払い続けるんだよw
    最近の日本人さんはそんなこともわからんのか?w
    知恵遅れの極みだなw
  143. 和人とアイヌの間に縄張り意識での争いが起こった記録は無いという話に何故か脈絡無く現代の税金の使い方の話が湧いているが
    誰かつながりを解説出来る人は居るかな
    俺には筋道の無い錯乱にしか見えないんだが
  144. 俺の先祖はアイヌだわ
  145. ヴィンランドサガという漫画のスレにアイヌだのタリバンだの持ち込んできて自分勝手な思想撒き散らす糖質ガイジがいるからこうなるんだよ
  146. >>148
    >加速するアイヌ政策の暴走 小野寺まさる「10年間使い続けると一人当たり5000万円をアイヌ政策に使い続ける」 https://www.youtube.com/watch?v=LICAmTIbuZQ
    >アイヌ協会の方の配偶者や養子になれば誰でもアイヌに https://mobile.twitter.com/onoderamasaru/status/1216140540095299585
    >小野寺まさる「以前、アイヌ修学資金制度というのがあって大学に行ってる彼等を保護する目的だったが、出鱈目。受け取ってる人を調べたら、50歳60歳のアイヌ協会の役員なんです。入学して2ヶ月位で大学辞めて一族で5000万ポケット
    https://twitter.com/takarin___7/status/1218801642012692482

    定義も何が真実かもあいまいなのにあまりにも払いすぎているので理不尽に感じて当然、どこかで止めないと払う対象が増えすぎたり権利ばかり要求されて大変なことになる、
    もしも中国移民が数十万人北海道に増えてみんなアイヌの養子になったら全員に様々な費用を払い続けるのが当然なわけがない。

    >>151
    「幸村 誠 漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」っての読んできなよ、漫画のテーマをもとに現代の課題・問題について語ってこそこのような深いテーマの漫画が生きてくるんじゃないか。「移民受け入れすぎて成功した国なんて何割あるの?」とかね
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
  147. イーヴァルって威張るからイーヴァルなのかな
  148. イーヴァルIvarrは「イチイの兵」という意味。
    イチイは弓によく使われるから、弓兵のことと思われる。
    もちろん、もともとの意味なんて、本人とはもはやなんの関係もないけど。
  149. >>154
    こういうの嫌いじゃないわ
  150. 骨無しのイーヴァル?
  151. 昔イチイバルって北欧神話関係の用語かと思ってたけど造語なんだよな
  152. エイナルの例も有るし、明らかに狙ってやってんのかと
  153. >>137
    歴史の知見が浅いからまともな反論はできないんだが、敵意というより恐れは本能的にある程度はあると思う。
    たとえば「よく知られている海水浴場」に子供を連れていく。すぐ隣は別の家族だ。恐れも警戒もあまりしない。
    一方で「誰も来なさそうな穴場の空き地」へ子供を連れていく。そしたら別の家族が来ていた。しかも日本語じゃない。
    本能的に恐れを感じた俺は「斧で攻撃する」代わりに「にこやかに挨拶して仮初の友好関係」を築いておく。
    行動の根っこは恐れであって、相手への好奇心や親愛の情ではない。
    つまり恐れから攻撃に転ずるか友好関係に転ずるかは、互いが所持している手段や力関係にもある程度依存すると思う。
  154. とここまで書いて思ったが、トルフィンが「剣は置いてけ」したのは、自分たちの攻撃力をある程度削っておくことで、
    自分たちを「相手より弱いかもしれない不安な状況」に追い込んだうえで友好関係を築く方向に自分たちを誘導したかった、
    という隠れた意図があるのかと深読み。
  155. 単にノルドの男があからさまな得物持ってたら
    交渉が略奪にしかならんからでしょ。
    やるのは征服じゃなくて開拓なんだし。
  156. グズリの1人芝居たいして面白くないもんなぁ
    トルケルにからかわられてるのは可愛かったけど
    現代物みたく本人の独白増え過ぎるとなんか違う感ある
  157. グズリーズ絵画 https://pbs.twimg.com/media/DUjyxgGXUAAQPsQ.jpg
    https://ichef.bbci.co.uk/news/640/cpsprodpb/C039/production/_118890294_gettyimages-1151165619.jpg
    https://media.pixcove.com/O/3/8/Iceland-Buildings-Architecture-Hero-Thorfinn-Karls-9424.jpg

    グズリーズは料理を覚えてヒルドや他の連中との仲を上手く取り持つ接待女房役にすればモブにならなくて済む、飯も作れない設定にしたのがまずいw。
    ソルフィンは海外じゃ剣持ってるイメージだから上手く活躍増やして描かないと漫画のトルヒンは極端な思想で平和ボケして仲間の命を危険に晒すバカっぽく見られてしまう。
  158. 右の腰に剣着けてると文化が違ーうってなるよな
  159. 盾文化圏だと右佩きが普通なんかね
  160. 盾も右に背負ってっから左利きの像なんじゃねえのこれ
  161. 左右反転してるなこれ。
  162. ほんまやん
    しょーもな
  163. なんだよ騙されたわ
    やっぱり右腰に着けてる連中がおかしいだけだな
  164. https://www.phileweb.com/news/hobby/202109/22/4860.html
    プラネテス来年から再放送やるってよ
    何故に今なのかは不明
  165. 種付けエンドだけ秀逸な作品
  166. >>161
    弱い人間は襲われて奪われるという現実を一番知ってるはずのトルフィンがロクな対策立ててない事が不自然に感じるよ、
    何が起きても戦わないつもりなら国民全員に「争い起きたら国を捨ててすぐ逃げる」という許可を取るための話し合いをして、せめて砦や見張り台や船を作るべきなのに。

    >野田聖子「日本は文字通り非戦を誓っている平和主義だ。軍備の話から始める抑止力というのは考えられない」
    https://www.sankei.com/article/20210919-CH2X7EPJINNOHBJVKIYSJ4TL34/
    まともに戦える軍事力・政治力が無いと他国の言いなりになってウイグルのように人権も財産も土地も何もかも奪われる、無防備マン達は平和主義では無く無責任主義者なんだよな。
    ヒルドとはカルリやグズの命が危ない危機に直面したときトルフィンの足かせ外して活躍させるくらい親密になっていてほしい、足引っ張るヒルドは見たくない。
  167. 逆に"戦いは嫌だ"って人たちを集めて来てるのに
    武力衝突が起きる前提で用意するのもおかしな話だろう
    対外勢力とは依存関係を形成して共存を模索するのが基本戦略なんだし
    それが駄目なら交渉、それが決裂してどうあっても相手が暴力による排除を選択するなら我々は逃げる
    別におかしくないと思うよ

    そりゃ身内にそれを了承しない者が出るかも知れないけどそれは先の物語だ
  168. ノルド男性性の否定はマチズモの否定に直結していてこの作者は時代の空気感に乗るのが上手いなって思った
  169. >>173-174
    まさに最後の方だけ見逃してたの思い出したわw
    原作とは変えてあるんだっけか
  170. >>176
    一方が戦争はしないと勝手に決めても周辺が同意するか分からないし、武力衝突が起きない前提で話しているのは日本の軍備反対議員と同じく無責任な無防備マンに見えるよ。
    相手が暴力による排除を始めてから話し合ったり逃げる準備していたら遅すぎるよ、せめて争い起きたら国捨てて逃げる同意得る話し合いしたり小船作るくらいの事はしておかないとね、
    小船は座礁しにくく少数で漁場移動しやすく食料調達・探索・運搬に生かせるから生活にも必要、天才ヒルド+助手で小船作る余裕はあるはず、ヒルドが敬われるやりがいのある仕事にもなる。

    >あなたの知らないカナディアンカヌー「かついで陸上を移動することができ。先住民はカナダの大地を縦横無尽に移動していた」 http://bogoda.jugem.jp/?eid=1925
    > 女子中学生向け 2日間で完成させるカヌー製作教室 https://www.youtube.com/watch?v=h9eyenS-Uag
    > 1492年以前の北米先住民部族 https://stat.ameba.jp/user_images/20181014/15/masa20012010/db/09/j/o0818125214284009275.jpg
  171. >>176
    もともとレイフのおっちゃんから向こうの連中はすごく友好的で仲良く出来るという話を聞いてるわけだからね
    行ったら絶対いくさになるぞなんて気持ちで準備するわけが無いんだよな
    絶対いくさをするぞなんて気分で行くのではトルフィンは他のヴァイキングと同じただの侵略者にしかならん
    今までちゃんと物語読んでたのかって話だな
  172. 遠征して商人として交流を持とうというのならともかく
    現地を開墾して定着するんだからトルフィンの「俺は逃げる」すら簡単にはいかなくなる
    苦労して開拓した畑を簡単には放棄できんからな
  173. その困難を描く物語だろう
    ベストの方法を書いて見せるマニュアル本じゃ無い
  174. >>178
    物語前編で活躍したアシェラッドの生き方や考え方がトルフィンの中でどの様に血肉になってるのか
    今ひとつ見えなくて腑に落ちない気持ちが続いている
    知恵と力と時には残酷さで最後には命まで捨てて国王の意思すら阻止したアシェラッドはある意味これぞマッチョ的理想で英雄的
    なおかつ知性的で厭世的なニヒリストだったあの人格はトルフィンの中でどの様に咀嚼されて今の行いに繋がってるのか
    その前にあるトールズの世捨て人的な清廉さも今ひとつ雲を掴む感じで了解に至って無いし、今の所トルフィンの今の行動に直接繋がってるのは
    ぎりぎりレイフのおっちゃんだけなんじゃないかなあと
    あの二人から引き継いだ思想の発露が明示的に出て来る段が楽しみでもある
  175. >>183
    結末は入植失敗だからな
  176. トルフィンの目的が集団移民ならともかく
    既に先住民がいるとわかっている場所に
    新しい国をつくることなのに緊張感がなさ過ぎる
    このまま史実ルートで失敗エンドだと
    トルフィンが平和的を通り過ぎてマヌケな性格にみえる
  177. やってる事は集団移住だがそれ以上の緊張感を持たなきゃいけないトルフィンが見聞きする環境で想定可能な要素って何かね
    いろいろな本やネット情報を漁れる自分が想定する緊張感をあの時代の人間に求めてるのでは本末転倒だが
  178. >>184
    数少ないアシェラッドがトルフィンの血肉になってる場面が
    評判悪い槍小僧のシーンなのはなんとも皮肉
  179. >>186
    今のままもしも失敗するとあまりにもトルヒンが指導者としてバカな無防備マンになってしまうんだよな、
    農奴編もバルト海編も主役が活躍したのか分からんグダグダラストだったのだから最後くらいトルフィンはやるだけやったよと失敗しても褒められる活躍させるべきなのに
  180. 就いたばかりの新首領が軍団解散を宣言して王の威光を示したからと言って簡単に解散するわけないやん
    あのクソ展開に激萎えした
  181. あの羽飾りがあれば・・・
  182. >>190
    簡単に解散しなかったよな
  183. めちゃくちゃ無責任なんだよ
    宣言してさっさと退場がね
    残党が賊に墜ちる可能性も含めて地域の安定を著しく損ねることになる
  184. 残党はトルケル預かりになってクヌートの所に行くだろ
    毎日毎日同じことをいい続ける糖質ガイジといい理解力のない頭イーヴァルの落伍者が何言ったってお前の望み通りにはならないっての
    同じことを何度も言わすなよ
  185. プラネテスでも木星に出発するまでには試験やテロやメンヘラはあったけど出発してからは順調だったろ
    今回のそのパターンだよ。最後に愛を語って終わりだよ今更原住民と揉めねーよ
  186. 馬鹿にヒント 作品が違う
  187. さんざんページ数使って争い起きる前フリ説明ばかりして来たのに、戦争起きないわけがない、
    銅像まで建ってる歴史的有名人の物語なんだから史実と認識されている事項を捻じ曲げすぎると海外で捏造漫画と批判される事になる。

    グズリーズの銅像まである、夫婦揃って有名人
    https://cdn.vanderbilt.edu/vu-web/lab-wpcontent/sites/134/2013/09/23180911/gudrid.jpg
  188. アイスランドの人がこの漫画読んだ感想が知りたいよ
  189. イーヴァルがイザコザ起こしてその時トルフィンがどうするかが見物で戦争どうこうって話じゃないんだよ
    ホントに戦争にしか興味がないんだなこのガイジ
    素直に戦争漫画読んどけよホントに何しに来てんだお前は
  190. >>198
    デンマークとウェールズも追加で
  191. >>198
    >TVアニメ「ヴィンランド・サガ」 駐日アイスランド大使館上映会レポート https://vinlandsaga.jp/special/embassy_report/

    1国の大使が期待している歴史漫画なのでトルフィンにはもう数段回レベルの高い知能で活躍してほしい、国防無視してる無防備マンでは銅像まで建ってる著名人としてあまりにもしょぼい。
    他の人のインタビューでアイスランドが他国の軍事力に守られてきたことが無視されているのが気になる。着々と中国がアイスランドやグリーンランドを軍事拠点にしようと狙っている事を忘れたら危険すぎる。
    >中国企業の土地購入 アイスランド政府が待った https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2600P_W1A121C1NNE000/

    >>199
    史実捻じ曲げすぎ、戦争起きなきゃ歴史漫画としてクソつまらない最後の山場になるし、歴史好きな海外ファンにガッカリされるよ。
  192. >>180
    クヌートとの会談のときからトルフィンも人間的知性的に成長してるんだから
    あのときの言葉どおりに「敵が奪いに来たら逃げる」が第一選択肢に来るわけないじゃん
    それに仲間にそういう説明や周知をするシーンはテンポを悪くし今後の展開をお洩らしするだけで漫画的に全くメリットがない
    戦いは嫌だって人たちを集めて来てるって認識を読者に与えられていればそれ以上の説明は不要だよ

    ちゃんとトラブルメーカーとしてイーヴァルを仕込んでんだから
    今後の展開で交渉も決裂し、もう戦うか逃げるしかないって状況になるのは既定路線だろうし
    拓いた土地を捨てて逃げるくらいなら戦おうという声が上がるのも既定路線
    その一派の音頭を取るのはイーヴァルだろうし
    それらのイザコザを剣を用いずに事を治めることで初めて本当の戦士になれるんだろ
  193. >>201
    読者がみんな自分と同じ歴史好きな戦争マニアだと思い込んでるのか?呆れたもんだ
    多くの健常な読者は純粋にトルフィンの物語として楽しんでるんだよ
    トールズが思い描いた理想を実行に移したトルフィンをレイフと同じように立派になったと感慨深く見守ってるの
    圧倒的な高評価にアニメ二期も決定して海外評価も高いのが現実
    趣味嗜好が全く違うガイジの心配なんて無用でお呼びじゃないんだよ
    おとなしくワンパターンなソレしか描けない大西の次回作を待ってろよ
    ねじ曲げだの言ったって肝心の大西さえ女子供が銃を手にとって戦った事実はない完全な創作と言っちゃってて破綻してるけどな
  194. 今は序盤に付いたばかりなのにな
    自分で勝手に先を想像してつまらくなるぞなるぞとカッカしてるが、そりゃ自分の想像力がつまらない物しか思いつかないからだろう
    傍から見れば自分の想像力の限界をつまらないと怒ってるだけだ
    なんで自分の想像力の無さを作者のせいにして怒ってるのか、パニックでも起こしてるのかね
  195. >>203
    「ガイジ」と言って障碍者差別することで自分の立場が上のように見せたい人間は全く「健常」ではない。
    生首を的にするネタとか、「戦争が好きだー」と言うトルケルや無抵抗の女子供虐殺するアシェラッドが人気キャラだったり、ヴィンランド・サガは健常じゃないシーンも売りの作品。
    女子供が武器を手に戦う事は今でもある現実、実際あってもおかしくないそれほど違和感のない事。
    >>181
    その土地で先住民と殺し合いが起きたとレイフから聞いてるでしょ、近隣部族なら話が周辺に伝達してもおかしくない。
    何で「絶対いくさするぞ」みたいな極端な解釈するの、「仲間の命と国を守るための努力をしよう」と防衛力高めたり法を決めるために話し合って意思統一しなきゃいけないってだけの事。

    >「『危ないときは守って』はムシがいい」 ソマリア沖で海上自衛隊の護衛艦がピースボートを護衛 ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張との矛盾
    https://www.sankei.com/article/20160517-LEFQAHJZJJOIRBUCDU5EXE44JM/
    自衛隊は武器持ってても「絶対いくさするぞ」とはならない、法でガチガチに縛られているので自己防衛すらまともにできないが……、先を予測して防衛対策とルール決めておくのは大切な事。
  196. >>205
    その話し合いは君の脳内でやればいい
    漫画的に必要な描写ではないから

    あーあれか?しょうもない関係ない記事を貼り付けてソース扱いするあたり君は以前居た戦車君か?
  197. 長文ガイジキモイ
  198. >>206>>202
    「第186話 コーデリアの懊悩」今回の話し合いのシーンは羊のようだったつまらんモブが熱く意思表示していて面白かったでしょう、
    防衛について話し合うシーンも早いうちに当然入れなきゃいけない、入れないまま争いのときが来たら逃げる選択をするであろうトルフィンが責められまくる事になる。

    今後紛争の予感がプンプンし始めたのはとてもいい、残念なのはトルヒンが何も考えてない運任せのバカ無防備マンになりすぎて今後活躍してもプラスマイナスゼロ以下になりそうな所

    >>184
    トルフィンは「奪い尽くされる無抵抗の弱者」や「神に祈っても助けてくれない現実」や「力が無ければ貢物しても奪われる現実」をさんざん見てきたのに忘れているように見えるんだよね。
    トルケルからアドバイスも貰ってるのに。カルリとグズの危機にヒルドが足かせ外してくれる展開が来るといいのに、先住民は遠戦武器(弓 投げ槍 投石)多いから素手のトルヒンと相性悪い
  199. 開墾した土地の所有や分配なんて開拓者を募ったときに取り決めとくもんじゃねーの?
    なんなのこれ
    開拓してから揉めるとかアホじゃね
  200. 確か初期ヴァージニア移民とかも収穫物は共有とかにしていたら、サボるやつ続出で
    相当こまり最終的に収穫物の所有権をしっかりと定めるようになってようやく農業が
    軌道にのったとかだったし、それなりに史実を参考にしてるんじゃないかな。
  201. >>205
    開拓団のリーダーになったソルバルドが攻撃的な男だったから戦いになった、先に弓をひいたのもこちら側だったとレイフさんが言ってたでしょ
    その後でも戦闘になった地に行き着いてここの住人にはもう敵愾心が生まれてしまったから居着く事は出来ないと言っているよ
    平和的な所にいきなり攻め込まれたって話じゃ無いのは分かるよね
    レイフさんは仲良くなれてソルバルドは諍いを起こした
    トルフィンがどちらのやり方で行こうとしてるかは議論の必要も無いだろう
    お前さんがそういうディテールがすっぽり抜けてしまうのは何故か、自分で考えて分かるかね
    お前さんは現代日本での憲法9条やら中国の脅威やら移民の脅威やらを作品に雑にかぶせて考え過ぎだ
    ぶっちゃけ強迫観念から来るパニックで、自分の中での結論ありきだからディテールが見えなくなり正常な解釈が出来なくなっている
    そんな事になっているお前さんの強迫観念から来る作品解釈は作品から乖離しまくってて正直言って病的で聞いてるのが辛い
  202. >>210
    問題なのは共有じゃなくて
    土地も収穫物も共有しますよ、と募集時点で告知してないのがおかしいってこと
  203. ゴミ付き長文を真剣に相手してあげる人優しいなおい
  204. トールズとケンガンアシュラの王馬ってどっちが強いのかな?
  205. どっちもヤムチャにデコピンで殺されるよ
  206. 実際問題、酪農含む農業と漁業しか産業がなく資産も無い中この問題をどの様に解決するのか。
    土地が必要なら開墾をするという結論になると原住民との軋轢が生まれるし。政府を作って統治をしていく事もしないのだろうし。
    共産主義は崩壊するのが常だし、トルフィンのお手並み拝見。
  207. >>211
    土地所有権について考えが浅かったとトルヒン自身が今回認めているし国防についても同じこと、無防備マンすぎて考えが浅い、近隣先住民には様々な部族がいるし海賊が押し寄せる可能性もある、
    人生かけて苦労して切り開いた土地や建てた家を簡単に手放す選択なんてできないのだからトルフィンは国防についても真剣に民会で議論する責任があると気づくべきだろう。
    「幸村 誠 漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」読むと作者は現代問題も考えながら課題にすべく漫画描いているような事が分かる、現代を例で出すのはおかしくない、国防について語るのをやたら嫌う人がいるだけ。

    >>209
    先住民と殺し合いが起きたことを隠して移民集めしていたり、武器で脅す悪人を排除せず連れてきたり、それやっちゃおしまい級の失態をトルフィンはしすぎなんだよな…
    >>216
    林業・鉱石・葡萄等の資源輸出がマルクランド側で大成功して海賊親分まで目がくらんで独立宣言のドロドロ内紛になる展開が見たい
  208. >>217
    「お前に敵などいない」んだよ
  209. >>218
    漫画が人生の教科書ワロタw
  210. >>219
    そう書いてる漫画を国防の教科書にしたがってる人が居るから面白いだろ
  211. プwクソダセエなガキどもww
  212. >>220
    それまさにお前じゃん
    頭お花畑
  213. これだけ自分の理解力のなさを笑い者にされてることにも気付かず同じ主張を毎日繰り返す奴にガイジ以外の表現の仕方があるか?
    障碍者は障碍者でお前は話が通じないガイジ
    ただただお前一人がバカにされて笑われてるだけだ勝手に間口を広げて一緒にするなよ失礼だろ
  214. >>222
    これはこれはお前さんもその一人だったか
    物語の最初から暴力の是非を問うてる漫画に今だに敵が来るから武器を準備しろと言ってるのは頭のネジが外れてるとしか思えんな
    お前さんにもっとふさわしい物語があるんじゃないか
  215. うわぁー、頭おかしいw
    美しいけど儚い理想を唱える主人公と叶わない現実の暴力の物語なのにそれすら理解出来ないで
    キチガイ「非暴力は最高で真実で正しい!」
    って…
    そんなことも理解できないって知的障害かなにか抱えてるのかね…
  216. こうやって思い込みが強いのは共通点だな
  217. こんな風に>>224無理やり思い込もうとしてるのお前の方じゃん
    作者普通にトルフィンの思想を俯瞰視して実現が難しいものだとして書いてるよね?w
    ここまで言われてもまだ無理やり自分の妄想に思い込むの?w
  218. >>227
    いやいや
    俺が一言も言ってない事を君が思い込んでるの
    人生の教科書とも非暴力は最高で真実で正しい!とも言ってないがどこから聞こえてるのかね
  219. ガイジを模倣した愉快犯かガイジそのものか
    どっちにしてもろくなもんじゃないな
  220. 次回
    全員の顎をパンチで貫いて
    優しく諭すトルヒン無双
  221. アニメ二期とかいらんだろ
  222. ヴィンサガの本体って農奴編だろ
    どうせアニメ化して農奴編やらないとか本末転倒やん
    むしろ農奴編だけでも良かったよ
  223. まさに農奴編やらずにアニメ化する意味とは?だよ
  224. >>217
    トルフィンの基本理念が対外問題は対話で解決なんだから
    国防ってのはいざとなったら戦う準備をしておくってことで
    トルフィンの思想の真逆に位置する考え方だろ
    現実的にそれが妥当かどうかはこの際関係ない

    俺は単行本派だから現行の展開は知らんが
    ポル・ポトみたいな原始共産主義をやろうとしてるなら
    この時代この環境なら可能じゃね?とは思う
    対外勢力とも文明的な差が殆どないからな

    土地や収穫物の個人所有を認めたら労働力を多く確保した者たちとそうでない者たちの間で貧富の格差が生まれて結果的に支配構造が形成されるからヨーロッパに居た頃と変わらなくなる
  225. >>234
    大人は富の保有の甘味を知ってるから処分しないとダメだよ
    子供から洗脳しないと共産社会の実現は不可能
  226. 仕事の成果量で分けるならハルヴァルちゃんが一番多くの土地の取り分があるな
    アイスランドやグリーンランドへの入植ではどう分けてたんだろう
    現代の資本主義的に考えれば入植の費用は全て資本家トルフィンが出資してるので土地の持ち主はトルフィンで入植者達は労働者になるわけだが
    ケティルのやり方を上手く応用出来ないものだろうか
  227. >>218
    そう言ってた人は敵に殺されてしまった、世界には飢えた敵がたくさんいるという現実。
    >>234>>224
    先住民と遭遇回見ると槍や斧もって集合してる、そこそこの武器・戦う準備は用意されてある、
    国防のために何をすべきか皆で話し合いしなきゃいけないのは「敵が来るから武器を準備しろ」「いざとなったら戦う準備をしておく」という単純な話じゃない、
    戦うにしても、平伏すにしても、籠って持久戦するにしても、逃げるにしても、国民と前もって話し合いして対策しておかないと
    紛争起きた時に今回のようにグダグダになってトルフィンが大バカ残念主役になってしまう、わざと残念主役にしているのは分かるが最後の章がそんな残念主役で終わっていいのかと思う。

    共産主義・社会主義は中国や北朝鮮の酷い貧富の格差を見れば分かるように独裁主義者の考えた詐欺、権利と利権を支配者層が奪うための詭弁
  228. >>236
    ゼロスタートの入植事業だから
    少なくとも初期参加者には従業員以上の待遇が必要じゃね
    まさに命懸けなんだし
  229. >>238
    高待遇より希望が必要なんじゃねえかな
    土地も資源も頭打ちなうえに寒くなって行くばかりのグリーンランドやアイスランドの生活は
    一歩間違えば一家全員凍死で豊かになる未来は望めないと来ればハードルは低いだろう
  230. >>237
    だからそれは「ぼくのかんがえたりそうのゔぃんらんどさが」だろ
    思慮深くあらゆる可能性を想定して用意周到に事に臨むほどトルフィンは地頭は良くない今の基準でいけば最終学歴幼稚園卒レベルだぞ
    読み書きだって恐らく商売外の事はさっぱりだろう

    まして国造りなんて初体験なんだから色々想定外予想外の出来事に直面して難儀しながら一歩づつ前進していく今の姿こそトルフィンらしいと俺は思うよ
  231. トルヒンに国造りしてるって意識は全然無いだろう
    せいぜい農奴だった頃の耕せば耕しただけ幸せですわぁ
    くらいに思ってるやろ
  232. そうな
    国と言ってるのは平たく言えば場所の事だな
  233. >>239
    そして渡った先で突然土地も収穫物も共有ですなんて言われて納得できるわけないわな
  234. 国とか大げさ
    村じゃん
  235. >>238
    労働時間が違うのに「2陣の人はどうなる (お前らの3ヵ月分の報酬も2陣に分けろ)」と言うエイナルはバカに見えるな、
    「漁師や大工はどうなる」の方がマシだった、そちらは報酬が別にあるのかもしらんがそっちも揉めそう。
    ハーフダンにドヤ顔で「土地持ってみませんか 10人力のオカマ君をレンタルしたい」と10人力には10倍報酬与える交渉した事も忘れてそうなトルヒン

    >>240
    そりゃ価値観違う人間なんだから何思おうが勝手だよ、与えられたものを文句言わずに受け入れろと言う中共のような言論弾圧したいのなら良くない事。
  236. >>243
    共有は純粋に理性的に考えれば間違いでは無い
    農業は、特に前時代の農業は種まきなど色々な場面で共同作業で持ちつ持たれつでやっており
    その感謝としてのお裾分けもあって共有と専有の境目が非常に曖昧だ
    今回の開拓では1人や家族単位で開墾した土地の広さを競争をしたわけでは無く全員で共同して開墾してるので
    各々の主張にはさしたる正当性も無く欲をかいて小さい事を持ち出してなるたけ自分の方が得しようと口角泡飛ばしてるにすぎない
    仕事量で言えばコーデリアが一番多く土地を取るのは明らかでコーデリアが「じゃあ私の土地を皆さんに分けて均等にしましょう」と言えば
    誰も文句は言えない
  237. >>245
    収穫するまでの食料をトルフィンに頼ってるのに土地は自分達で分けて当然という考えはどこから出て来るのかな
  238. たいたい船も重量鋤も馬も殆どの物資はトルフィン持ちなんだから
    本来なら所有権云々以前に参加者はまずトルフィンに税を納めるべき小作人のような立場なわけで
    何いっちょ前に権利主張してんだって話だわな

    >>245
    君の主張は作中でイーヴァルが代弁してるじゃん
    トルフィンがそれを採択しないのは争いを未然に防ぐのが彼の信条なのだから
    争いに発展したあとの準備を先に行うのは理想の挫折を折り込む様なものだからそりゃ無理な話だろ
  239. >>247
    そんな理屈が通るならトルヒンがそう説明して納得させりゃいいだけだがしなかったし「しまったなァ…」「考えが浅かった」と反省までしている、ロクに話し合わずに来たことで失敗したんだよ
    >>248
    何言ってるのか意味不明、今回のグダグダ見たら争いを未然に防ぐための話し合いを先にしなきゃいけないのは明白、国防について話し合いせずに独断で決めるなんて独裁者だよ
  240. >>249
    剣を持たないという決まりが先にあるんだがな
    皆が剣を持たないという事に同意して来てるのに何故また話し合わないといけないのかね
    土地分配にしたって従来ならハーフダンの如く強権発動で決められる事を口論に耳を傾けている
    俺の決めた事に従えという独裁者の態度では無いね
    どうも思うが、君の言う「皆で話し合う」はおためごかしにしか聞こえない
    君が本当に望んでるのは自分の考え通りに動いてくれてそれでいて間違いやいざこざを立てず収めてくれる空想的な無謬の独裁者じゃないか
  241. >>250
    「剣を持たないという決まりが先にある だから皆で国防について話し合うことは絶対しない」
    ID:xkbbpTaUa >>250
    ID:Q9t1Y5CJ0 >>284
    は二人?一人?ID変え忘れた?ともそんなまぬけな事を本気で思っているという事?
  242. >>251アンカミス 
    ID:xkbbpTaUa >>250 ID:Q9t1Y5CJ0 >>248 は二人とも「剣を持たないという決まりが先にある だから皆で国防について話し合うことは絶対しない」そんなまぬけな事を本気で思っているという事?
  243. >>249
    事前に「剣を持たない(戦いを放棄する)」条件で参加してるんだから何らおかしくはない
    自衛戦争の放棄の是非以前の問題で、武力を持つこと自体が基本理念に矛盾するんだから
    その選択が正しい結果に繋がるかは別として抗争への備えをする事に同意するようなトルフィンなら覚悟の程も知れるわ
    君はトルフィンが「じゃあ見張り櫓を作って毎晩歩哨を立てましょう。土地の周りには柵と堀を作って"敵"が攻めて来たら鐘を鳴らすので男は弓槍で武装して集合するように」
    とでも言えば満足なのか?

    その"敵"とは誰なんだ?君は今までこの作品で何を読んできたんだ?
  244. >>252
    絶対に話し合いしないって、イーヴァルが来たら話してるじゃないか
    また盲目になってるな
    君の言ってる事はつまり、皆同意して無いけどトルフィンの金をあてにして同意するふりをして参加して豊かになったら同意を反故にする気満々だったと
    人間不信が過ぎるな
    トルフィンがそんな考え方するなら新しい国を作る為に危険な航海する事も開拓団を集める事もしないよ
    ハナからこの物語が成立しない
  245. トルヒンって人殺せないから集落内で重犯罪起きても死刑宣告すらできないよなw
  246. >>254
    「何故また話し合わないといけないのかね」と言ってる>>250に言いなよ。「同意するふり」?何に?まだ剣持ってくるな以外ロクに話し合ってないのに
    >>253
    「武力を持つこと自体が基本理念に矛盾する」はぁ…槍や斧は武器じゃないと言いたいの?
    もしも子供が襲われても槍や斧で戦うなと言いたいの?ありえんでしょ、トルヒンはなるべく殺生沙汰が減るように剣は禁止したけど正当防衛まで禁止する話し合いはしてない、
    「戦争と奴隷の無い国を目指している」これはただの目標、まだレンタル奴隷のオカマ君もいる。

    そろそろガラプー君の出番かな
  247. ハーフダンから人も借りて
    開拓に成功したら新天地にあなたの取り分も渡す
    ってだけは気がかりだ
    作者的にはシグやんが帰ってきて
    ハーフダンは孫が出来て丸くなったからこの問題は解決済み!
    って考えじゃないだろうな・・・
  248. >>256
    お前さんは一度同意取った相手に何度も「本当に同意なの?」と話しかけるのか
    普通じゃないね
    だから疑問持ってる作品に執着して文句言ってるわけか
  249. >>257
    ハーフダンはトルフィンの手並みが見たいんだろう
    もしかしたらアイスランドを豊かに出来るかも知れない期待を持ったんでつい跡継ぎにならないかとも言ったわけで
    ハーフダンよりイーヴァルにくっついてるマスクのあんちゃんがヤバイと思うね
    知恵が回るし口八丁でコーデリアをコロッと説得するのはトルフィンと違った負の意味での「話し合いで解決」の手管を心得てる
    あいつはかなり曲者だ
  250. >>259
    いやハーフダンは奴隷もガンガン使うし
    ゴロツキも束ねつつ民会の決定には従うあたり
    好戦主義ではないが現実は重視するだろう
    出向前の金貸しだけど結果的に農家の命を助ける
    って良い人エピソードを挟んだけど約束をチャラにはしないと思う
    イーヴァルよりも相棒の仮面の方が
    扇動とか得意そうで危険な予感がするのは同意だ
  251. >>256
    何がはぁ…だよw
    君は本当にこの作品読んでるのか?
    純粋に人殺しのための道具としての剣と
    生活に必要な道具としての斧や槍は別物だろ
    (作中でも言及してる)
    もちろんそれらは人殺しの武器に転用可能だけど
    当然トルフィンにとって斧槍だろうが石ころだろうが剣以外での人殺しならセーフなんて理屈はない
    それくらい理解しろよ

    >もしも子供が襲われて〜

    だから"誰"なんだよそれは?
    その"誰か"は何があって何が目的でトルフィン達の勢力に危害を加えるんだ?
    過程をすっとばして仮定の問題を起こすな

    「正当防衛なら殺すのも已む無し」とトルフィンが思ってるなら
    農場でもバルト海でも殺しまくってるだろうな
  252. なんか外敵より仲間割れの方が早そうな流れだね
    戦大好き勢力対戦大嫌い勢力
    ギョロみたいな戦嫌いが理詰めで攻めて来る方がこわいみたいなフラク立ててから出番有るんだろ
    原住民側にもいるようなフラグ立ててたし協力か三つ巴か
    いまのトルファンは商人だから使うかもわからん金になる訳でも無い砦とかより溜め池とか増やしたいのかもしれんが
    船は増やしても良かったよなぶっちゃけ
  253. >>261
    最後の手段を取る事になっても許してやるアナルも言うてたろ
    したら殺すマシンが見張ってるから最終回だけど
  254. ま〜た少数派のアホが謎の同一認定かましてんのかよwwマジもんのキチガイじゃんか
    フルボッコにされすぎて頭イカレちゃったみたいだなw
    「ぼくはいつもひとりぼっちなんだからあいてもひとりにちがいないそうにきまってる」ってかww
    憐れなもんだなwどう生きてたらこんな惨めな人間になれるのか興味があるわ
  255. なんか勘違いしてる奴がいるようだけど
    不殺を貫いてるのはトルフィン自身の固い決意であって
    「ヒルドに見張られてるから出来ない」わけじゃないからな
    とりあえず最初から3回読み直してから出直してこい
  256. #VINLAND_FANART このトルフィンいいなー即保存  https://twitter.com/nemuiyo1093/status/1440686464128348168

    >>258
    そんな事聞いてないよ、まだ剣持ってくるな以外ロクに話し合ってないのに >>254の言う「同意するふり」とはいったい何に開拓民は同意してから来たんだってこと。
    >>261>>253
    トルフィンがどう思っていようが他の開拓民の意見とは違うと今回表面に出て来て失態晒している、国防に関する意識も他の開拓民と当然ズレがある、
    剣を持ってくるなと言っただけで正当防衛含む全ての戦い放棄に同意得たと本気で思っていて押し付けてくるならトルヒンは詐欺師や独裁者だ。

    明確な敵がいなくとも他国からの侵略・紛争まみれの歴史知ってるなら国民の命と財産守るために防衛力高めたり国防のための話し合いを前もってして団結力高めるのは常識
    レイフ弟に殺されてノルド人恨んでいる部族も近くにいるかもしれない、豊かな土地で移民が幸せに暮らしていると知ったら海賊や他国の軍が来る可能性もある。
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
  257. アイスランドやグリーンランドと連絡を断たずに入植して後続も募ってて
    これで侵略を受けないと思う方がおかしいわな
    行き先を告げずに片道切符でいかないと
  258. >>266
    「戦(と奴隷)のない国を作る」
    「この国に剣(ノルド男子の心意気の象徴)は要らないから処分して来い」
    作中でここまで条件を簡潔に説明してエイナルも「主旨を正しく理解してもらうことが必要だ」と言ってるんだけど
    君は斜に構えて「実際に争いが起きたときのことまで想定して同意を取ってない!詐欺だ!独裁者だ!」と重箱の隅をつついて喚いてるだけだろ
    あれか?一人一人と詳細な契約書を交わすシーンがあれば満足だったのか?
    その行為が現実と照らして自然で正しいかは漫画の描写として面白いかは関係ないんだよ

    以前から見てると君は「ぼくの意見に反対する奴は脳内お花畑の9条信者だ!」みたいに考えてるようだが
    俺はこの作中の描写において説明に瑕疵はないと言ってるだけで
    トルフィンが現実的に正しい思想と言動をしているとは言ってない
    防衛に関わらず来たる事態を想定準備せず逐次対処に終始するのは指導者として問題だと思うが
    読者としては「じゃあ敵性勢力や略奪者対策に防備を整えましょう」だなんて物分かりのいい現実的なトルフィンなんか見たくないんだわ
    困難に直面する度に暴力に依らず知恵と勇気を絞って立ち向かっていく姿をこそ見たいんだ
  259. まだ何も起こっていないのに、何故鼻息荒く失態とか言っちゃうんだろうな
    トルフィンの主義主張が大きな犠牲を出すかどうかは、まさにこれからだろ

    いい年なんだろうから、もうちょい気長に待てよ
  260. 初めての試みなんだから試行錯誤しながら後になってから気付かされることだって当然出てくるなんて健常な読者は理解してるんだよ
    それをコピペするしか能がない浅く偏った思考してるヤツが現代の読者目線でああしてないこうしてない最初から完璧な段取りしてないマヌケだの喚いてること自体がバカげてることに気付け
    理解力も想像力も欠落してる故にお前はガイジと呼ぶにふさわしい出来損ないなんだよ
  261. >>269
    既に今回、集団内での軋轢が描かれ
    その原因がトルフィンにあることが示されてる
    自身が土地所有の経験の無さにより農民の土地への執着心を理解してなかった
  262. >>271
    ハッキリ言ってやった矢先にこれはさすがに驚きを隠せないよ
    それを最初から知ってなきゃいけないってのか?トルフィンは全知全能の神か何かなのか?
    もう1回言ってやるよこれはまだ前例がない新しい挑戦をしてる先人達がさまざまな問題や困難に直面しどう立ち向かっていくかというお話なの
    そこにほぼ答えを知ってるであろう読者の神目線の介入は野暮だし必要ないし愚かだと言ってるわけだわかるかな?
    これが理解出来ないのであれば君もこの糖質ガイジと同類ということになるけどいいのかな?
  263. >>267
    でもレイフのおっちゃんから一面の草原と聞かされていたので誰にも荒らされていない未開の地であり、現地民と上手くやりさえすれば凌げるというのがトルフィンの前提なんじゃない?
  264. だいたい海賊が来るだの他の国が攻めてくるだの…
    海図も測量技術もロクにない時代に外洋航海に向かない小船でひと月も生きるか死ぬかの大航海大遠征してまで
    新大陸に掠奪に向かうメリットなんて皆無だろ
  265. まだガラプーが粘着して暴れてんの?数カ月前に見たときもガラプーがギャオってたぞ・・
  266. >>271
    軋轢が生まれたのはその通りだけどさ
    今回程度の軋轢で失態って評価はちょっとお花畑すぎてね

    集団で行動する以上、どうしたって衝突はするもんだろ
    それに、さんざんトルフィンの思想が異端だと描写されてるんだから、
    この程度の衝突なんて既定路線だって思わないのか?
    こんなん想定の範囲内なんだから、殊更騒ぎ立てる意味が分からんのよ
    そして、それを失態だとかまで飛躍した物言いがさらに意味不明なんだわ

    今回の話は、あくまで大方で予想されてた問題が提起されただけだからね
    それをトルフィンがどう対処するかが本題でしょう
    年内いっぱいの命ならしゃあないけどさ、そうじゃないなら少し落ち着けよ
  267. >>273
    ヨーロッパ側から侵略されるという話だろう
    現実的に考えるとあの当時にヨーロッパからアメリカまで行き来出来るのは航海技術の優れたヴァイキングがアイスランドグリーンランドを経由した場合だけで
    更に両島でヴィンランド行きに関わってる者を加えて水先案内人に立てた場合に限られるだろう
    そしてこうした動きを紛いなりにも可能なのは北海大王のクヌートに連なる一族に限られ、彼らが侵略の決意をしない限り事は起きない
    侵略を決意するのは同地が豊かであるという情報が届かないといけないが、サガに残るのはソルフィンの入植撤退の話だけで
    ではそれで終わりかと言うとノルウェー年代記の1347年の項にはマルクランドからの船が入港した話が一行さらりと記述されている
    以上の事から考えるにアメリカ大陸との行き来や豊かさの情報はアイスランドとグリーランドの住人によって注意深く秘匿され
    ヨーロッパ大陸に届く事が無かったのではと考えられる
  268. >>273
    いや国というか村を起こしてもグリーンランドやアイスランドに麦を輸出するみたいなこと言ってるわけで、侵略の糸口を断ってないだろってこと
  269. >>276
    いやトルフィンが幼稚すぎて萎えた
    まさか土地や収穫物の共有とか
    ハーフダンに農場を持ちませんかと投資を持ちかけてて、今回もオカマにその事で憂慮されてるように
    全く何も考えてなかったとした見えない
  270. >>278
    なるほど。国交断裂がなければ可能性は残るというわけか。まぁそれはそうかもね。
  271. 大旦那が「大きすぎる富は災いを呼ぶ」
    と警告してたように
    現在の航海技術で到達可能な距離に美味しい村があると王権に知れたら侵略や略奪を受ける可能性がある
    だから入植したとしても輸出なんかしたらいかんのよ
    争いのない国を作たいなら、争いを肯定し争いが耐えない地域からまず手を切らなきゃ
    ヴィンランドって結局のところグリーンランド〜イングランド間より近かったんだろ
  272. 思ったより北アメリカ大陸東部の人口密度高いなら近隣との交易の方が儲かるまでありそう
    まぁ仲間割れして失敗までは見えてるんですけどね
  273. この時代、殺人犯は死刑だと思うけど
    この集団内で重犯罪が起きたとき
    誰が処刑するのかね
    トルフィンは殺せないし、死刑判決を下すことすらできないんじゃね?
    処刑はヒルドのいう殺人には含まれないかな?
  274. >>281
    ヴィンランドまでの距離、行程の難易度、反撃の有無、船の積載量に得られる実利
    ただ一度の掠奪のためにどんだけリスクコスト払うことになる?
    誰もやらんだろ
    例えばミクラガルドにイッカクの角を持っていけば大金持ちになれる噂は聞くのに誰も実行しないのはリスクリターンが釣り合わないからだろ

    だいたい海賊行為なんてのは基本的に拠点を中心にやるもんで
    遠路はるばる長征して襲撃なんて元々敵対してる相手でもなけりゃやらない
    だからトルフィンの基本構想に外敵が存在しないのは当然と言える
    原住民とうまく渡りをつければ安定した生産活動に移れるんだから
    目下そこに注力すればいいと考えるのは不自然でもないんでもないと思うけどね

    そもそもトルフィンて悪く言えば学のない短気なアホの子だったのが処世術と生活の知恵を身につけただけだぞ
    どこまで全能を求めるんだ
  275. >>284
    トルフィンらが入植し、定期的に交易が可能となれば、当然ならが侵略に出向く航海の難易度も下がる
    アイスランドやグリーンランドは貧しい僻地だったら見逃されてきたけどさらに渡れば豊かに麦が実る村があるとなればアイスランド、グリーンランドを拠点に遠征軍を送り込む価値を見いだされるかもしれない

    いずれにせよ欧州方面と繋がりを残すことは危険を伴うということだよ
  276. 頭威ー張る…
  277. トルフィンは共産主義者なんじゃね?
    しかも日本でアメリカの原子力空母の入港に反対して自己満足してた奴みたいに
    法も武力もどうでもいい感じ
  278. >>285
    未開の大地が幾らでも広がってるのにわざわざ同胞の血を流して奪う意味ある?
    別勢力として入植しトルフィンたちを先達として互助関係築いた方がよほどメリットがあるだろ

    それに航路が開かれても距離が短くなるわけじゃないんだぞ?
    ひと月かけて命懸けで外洋渡って村ひとつ襲って帰るって実際あり得ると思う?
    人間をプレイヤーが無茶しても文句ひとつ言わずに指示に従うシミュレーションゲームのユニットみたいに考えてないか?

    そもそもトルフィンの構想ちゃんと読んでる?
    奪うより取引した方が得な関係を作るんだぞ?
    ヴィンランドで作った小麦や木材をそれが不足してるヨーロッパ地域で売って
    例えば鉄製品なんかと替えて持ち帰るような交易関係結んだ方がわざわざ海渡って略奪して奪って終わるよりよっぽど得だろ
  279. >>288
    この作中の戦士は土を弄るなんて概念無いやん
    ケティルの客人衆しかり、ヨームしかり

    準正規軍的な位置付けのヨーム戦士団ですらクヌートの勢力圏で平然と略奪まがいなことやってんのに
    戦争を否定するトルフィン村(笑)
    に到達したら
    まずは出すもの出せ
    になるわな
  280. >>283
    最近ヌルイ雰囲気ながらもそっち系の漫画としちゃ悪くない気がしてたんだが
    ヒルドが出てこないせいだったんだな
    アイツやっぱキャラとしてダメだろ
  281. >>289
    だからさーいくら無法者でも遠路はるばるひと月かけて海越えて村ひとつ襲って略奪する必然性のある理由ある?
    可能だから可能なんて理屈はアホらしくて聞いてらんないんだが
  282. >>291
    この時代の海賊って無法者じゃなくて訓練された戦士団による計画的略奪遠征のケースがあるやん
    アシェが率いてた傭兵団みたいに
    IFの前提としてはトルフィン村から輸出が可能になった
    つまり定期航路が拓けたという状況なので交易船が往来できるのに戦士団が到達できない理由がないよ
  283. >>291
    これが洋ドラヴァイキングのラグナル・ロズブロークみたいに

    俺は本来農民だ
    イングランドの本当の宝は肥沃なこの土だ

    みたいな先見ある海賊なら、共同開拓しましょうやで交渉の余地はあるかもしれんがね
  284. >>292
    それを「可能だから可能」って言ってるんだが

    トルフィン村に金銀財宝がうなるほどあってリスクを犯す価値があるならともかく
    海の藻屑と化す可能性も高いのに一度捌いたら終わりの小麦を奪うために海渡るとかあり得んだろ
    例えば地元のケティル農場でも襲う方が1000倍楽だ
    それに遠征するのに戦闘要員と軍船だけで船団が構成できるとでも思ってんのか

    つーかなんで君らは物語の前提を否定するのに躍起になるんだ…
    そういうのは作中で実際に別勢力がヴィンランド攻略に動き始めてからやりゃいいだろ
  285. ヒルドかわいいやんけじゃん
  286. まじで退屈な漫画になったな
    なろう系読んでる気分だわ
  287. >>289
    周辺にいろんな部族(>>180)がいてノルド排除が先住民部族間の外交に利用されることもあるだろうし、
    マルクランドと開拓主要拠点の中間という厄介な位置でレイフ弟が紛争起こして移民が恨まれているという一番大切なこと無視して「敵なんていねーよ」と現実逃避してる奴がいるんだよな。

    >>268
    勝手に被害妄想抱いてるだけ、トルヒンをおバカっぽくしすぎている事によるバランス問題語ってるだけなのに。
    トルヒンの出した条件(剣禁止)だけでは何の法的拘束力もないので開拓民達は自由に正当防衛で戦っても何の問題も無い。
  288. >>294
    海の藻屑と化す確率が高いなら交易は成立しないよな
    交易が成立するということは航海術が確立されるということ
    二世紀遡ってパリまで攻め込んでるんだからアイスランド〜グリーンランド経由でヴィンランドが略奪に晒されない保証はないわな
  289. 航路が出来てるのはトルフィン側だけで他から見ればヴィンランドと聞いたところでドコにあるの?どうやって行くの?何日かかるの?と雲をつかむような話なのは変わらない
    そこに人員物資を消費してまで奪いに行く労力を割く必要があるわけがない
    理屈こねるだけで想像力が働いてないからただの能書きにしかなってないんだよ
  290. >>299
    トルフィンはいずれ麦を輸出するみたいなこと言ってるのでグリーンランド、アイスランドとの交易ルートを拓く意思があるわけで
    そうなると当然、欧州方面から侵略を受けるリスクが浮上するってことだよ
  291. トルフィンが、ミクラガルドまで
    出稼ぎして稼いだ資金資材人材
    全部ぶっ来んでようやくたどり着いた
    ところに、ヴァイキングとはいえ、
    ピクニック感覚じゃ来れないと思うぞ。
  292. >>301
    人の欲は果てしないからな
    海の向こうに豊かな土地があるというだけで国造りに人生賭けてるわけだから
    海の向こうの豊かな国を存分に略奪したいって戦士団も出てくるだろ
    半ば妄想も入ってさ
    日本が仙人の国とか黄金の国みたいにいわれてたように
  293. >>300
    麦を輸出するのをアイスランドとグリーンランドに留めれば良い話じゃないかね
    安価な麦を供給出来ればその分両島の産物に余裕が出来て欧州と多くの貿易が出来る
    それで仕入れた欧州からの品物をまたヴィンランドに運べば良い
  294. >>303
    情報は漏れる
    ヴィンランドから輸出される物資でグリーンランドやアイスランドが潤えば
    その情報は当然欧州方面に流れる
    グリーンランドやアイスランドが攻められないのは貧しいからなので豊かになれば攻略されてしまう
  295. >>304
    漏らさなかったら?
  296. >>305
    それは不可能
    人の口に戸は立てられない
    必ず情報は漏れる
    そうなると攻められる
  297. 実際グリーンランドの遺構は貧しい土地に不自然な教会を何個も建てていて貧しい土地に不似合いな豪華さがあった
    それは海獣の牙が象牙の代替品として値打ち物として取り引きされていたからという事になっている
    決して貧しい地域であったわけでは無い
  298. >>306
    不可能で無かったらという話をしている
    実際トルフィン他のアメリカ入植も他の地域では全く知られておらず文献に残っていない
    情報伝播の速さや簡便さの認識が誤っているのでは無いかね
  299. レイフ父の赤毛のエイリークは殺人犯してアイスランドに流れてまた殺人犯してグリーンランドへ流れたらしいね、
    他国に行き場のない犯罪者集団が移住先探している危険性があるから国防について話し合いしなきゃいけないと考えるのは当然の事。

    トルヒンが「金銀が出るかもしれませんよ」と前フリしてるから誰かが発見して争いの種になる漫画的に面白い展開も期待できる、
    「資源豊か、しかも剣すら捨てさせる無防備マンが指導者」と噂で聞いたら目の色変えて敵が襲ってくる https://pbs.twimg.com/media/EZb99_VUYAEigI0.jpg
  300. >>298
    絵空事並べて屁理屈こねてるだけっていい加減気付けよ…
    例えばデンマークのヴァイキングがヴィンランドに遠征するとして
    デンマークからアイスランド経由グリーンランド経由マルクランド経由で至ヴィンランド?
    村ひとつ襲うのに何千km航海するつもりだ?
    交易は双方向で利益が出せるが略奪は一方通行だぞ

    海運は元々ハイリスクハイリターンなんだ
    現代でも海運業に保険は必須で
    保険の歴史の始まりは海上保険からと言われるくらいだ
    航路が確立されたからって航海がイージーになるわけじゃない
    そも彼らの使う喫水の浅い小型の一本マストの帆船は本来外洋航海には適さない
  301. >>308
    いやトルフィンの開拓が成功した場合のIFの話をしてる
    交易をすれば情報が漏れて欧州からの侵略の糸口になるので
    開拓団は片道切符で二度と戻るべきでない
    クヌートには行き先を秘匿したくせに交易したらバレるだろってこと
  302. >>311
    途中で中継地になるのがアイスランド、グリーンランド
    さらに分割したグループの集落になる
    遠隔地すぎて割りに合わないなら交易だって出来んわな
    だから交易が成立するなら侵略の可能性浮上するということ
  303. >>312
    うーんと、こちらはヴァイキングのアメリカ開発はある程度成功してたという仮定で話してるの
    そしてアメリカという豊かな地をアイスランドとグリーンランドの人々は欧州大陸に対して秘匿してたという話
    アメリカと行き来したら情報が漏れると言うが、両島の人たちが隠すと決めたらアメリカが大陸で豊かな事、アメリカへの航路が具体的にどうやって欧州に漏れるのかね
    世の中には漏れた情報より知られていない事の方が圧倒的に多いのは分かるよね?
  304. >>313
    交易で中継するのと掠奪の為に中継するのとで同じ労力と思うのが分からない
    その中継地を全て制圧して協力する人間も居ないからメクラ航海をしないといけない
    それが交易の中継と同じ労力なわけが無いのは想像すれば分かるよね?
  305. >>314
    ヴィンランドからグリーンランド、アイスランドに物資が流れる
    その物資の出所はいずれ知れ渡るってこと
    両島は欧州方面と没交渉じゃないし、トルフィンはヴィンランド開拓を広く公言して出資者を募ってるわけだから
    開拓が成功したら必ず情報は広く伝播するよ
  306. >>315
    トルフィン以前にもヴィンランドに到達して開拓に着手してるわけで
    グリーンランドまで制圧されたらヴィンランド航路を秘匿するのは不可能だよ
    そしてシグやんがハーフダンに指摘したようにアイスランドもグリーンランドも欧州軍に対抗できない
  307. 杞憂同然の話を、今ここにある
    危機みたいに見せかけたりすり替えるのは、
    レトリックにもなってないぞ。
  308. トルフィンのお花畑を別の切り口で論じてるんだよ
    戦争のない国を作りたいのに戦争のある領域との繋がりを断ってない
    人員を募るために海の向こうに「豊かな国」を作ると公言してしまってる
    これで開拓が成功してヴィンランドからの物資が還流されれば、我も我もと後続ができるし、さらに侵者も招き入れることになる
    ってこと
  309. トルフィンとエイナルが生涯かけたって
    開拓村いっこ安定できるか怪しいのに、
    うわさにつられて略奪にくるヴァイキングの心配?

    まともな神経なら、目の前の切り株片付ける
    のを優先じゃないかね?
  310. 少なくとも出資者への還元
    格安で生産物を卸すという約定はトルフィンの代で果たさなきゃならんわな
    トルフィンがハーフダンに語ったようにエイナルと二人3年で農家5、6軒分開拓してるわけで
    その開拓力が前提条件の入植だろ
  311. そして格安物資が還流される
    すなわち開拓成功の証明がされた情報は当然伝搬する
  312. >>316
    その君が当たり前の様に漏れる言ってる事は具体的にどの様に実現するのか説明して欲しいんだがね
    ヴィンランドから流れる物資だといずれ知れるとはどの様にして知れるのかね
    開拓を広く募集したのはグリーンランドとアイスランドだけだが
    グリーンランド人とアイスランド人が自分たちの豊かになれる道が暴徒に脅かされるのを防ぐ為に秘匿してたら
    全ての人が顔見知りの様な島でどこからどの様にしてそれが漏れるのかね
    その漏らす人は豊かになる事を捨てて暴徒に与するのは何故なのかね
    その物語の詳細が君の頭の中にはあるのかね
  313. 長文うぜぇ
  314. >>323
    たとえばヴィンランドから物資が還流されれば欧州方面との取引量が減ったり、さらにヴィンランドの物資が欧州に売られることになる
    出資者には格安で物資を卸すわけだから、出資者がその物資をどこに売ろうが勝手だわな
    どのみちヴィンランド開拓の募集をかけてるので島内で知らないものはいない
    島に出入りする欧州方面の商人にこの事が漏れないわけがない、ってこと
  315. 人間なんて嫉妬の塊、「あいつら儲けやがってぐぬぬぬ」「悪人に情報売ってやろう」と嫌がらせしてくるやつはどこにでもいるわな
    ケティル農場で何の得にもならないイジメしていた奉公人みたいなやつら。海賊親分一味も金が切れたらどこで裏切って船持ち逃げするか分からん
  316. 別に悪人じゃなくても商人は情報も取り扱うのが普通だからね
    物資の出所について箝口されてても金を積まれたら喜んで喋る
  317. >>283
    アイスランドでは民会で裁判やって絞首刑やってた
    裁判判決なら普通に吊るすと思う
  318. それで伝聞を元にいっちょ略奪かますか!と何千キロも大航海して村襲うのか
    村が襲われる結論ありきでそうなるように論理を展開してるだけじゃねぇか救いようがねぇな
    一旦その荒唐無稽な妄想から離ろよ
  319. 別に無理に欧州からの侵攻なんて想定しなくてもさ
    あの辺で鉄でも見つかれば村人も原住民も仲間割れ始めるだろ
    悪意とか戦争準備とか関係なく火種なんて生まれる
  320. >>329
    実際に物流が始まれば開拓が証明されたことになり、あやふやな噂ではなくなるってこと
    しかもトルフィンが「豊かな国」なんて煽り入れてるから尾ひれがつくかもしれん
  321. >>330
    原住民は鉄なんか使えないよ
  322. >>332
    移住組が持ってれば問題無いでしょ
    技術と交換で原住民との争いは避けられるってトルファンの構想をあえて潰しに来る展開
    原住民対移民組の前走は起きなかったけど結局島民が二手に分かれて争う展開
    それならドヤ顔戦争準備マンの想定からも外れる予期せぬ展開でしょ?
  323. >>325
    全く現代の都会人目線での発想で恐れ入る
    先ず島と欧州の取引量と言うが各商人が勝手にやってる事でそんな統計を国単位で取ってる人など存在しない
    またヴィンランドからの物資と言うが小麦の産地が袋に書いてあるわけでも無し、上と同じく各商人、この場合トルフィンの商店も含まれるだろうが、
    それが各々小麦を持って来て売ってるだけでどこから来たなど詮索して分かる物でも無い
    出資者に格安で卸して出資者が勝手に売ると言うが出資者はトルフィンの他にはハーフダンがコーデリアを貸したくらいで
    コーデリアの価値は買い取りで羊80頭分で作中の記述から推測すればこれは2000万程度の高級外車程度の金額と考えられる
    この金額は高額ではあるがトルフィンの出資に比べれば圧倒的に小さく出資比率で懸念する物でも無い
    それ以外の出資者は居ないのに出資者の話を何故持ち出したのか意味不明だ
    そして島に出入りする商人に島民が話すと言うが、島に出入りする商人は年に1、2度程度で非常に少なく
    島の人間は全てが顔見知りであり、民会で決まったであろう島民だけの秘密を航路の詳細までペラペラ話す人間など居ないだろう

    総じて君の発想は大都会の顔見知りが少なく知り合いの目が無い中で悪さをするのが平気という孤立した人間の発想だ
    相互につながった島民というものはどう考えるかを全く考慮に入れていない
  324. しかし自分で物語を作って来るぐらいならまだ面白いが何もかも考え足らずの曖昧さで
    二言目には攻めて来る攻めて来ると
    まるで狼少年だな
  325. 自分の主張を押し通したいだけで詰められて詰められて言い逃れしてるだけでどんどん話が遠くなっていってることに気付いてないからね
    その理屈を押し通そうとすればするほど今現在開墾に専念してるのは何も問題ないわけだから語るに落ちてるんだよ
  326. >>331
    アホらしいから最後にするけど
    トル村が実際豊かだろうが何だろうが数千km長駆して略奪に出向く行為自体が非現実的なんだから
    そもそも論ずるに値しない
    ヴァイキングは根っからの専業海賊ではなく交易民でもあったんだから
    わざわざ超絶リスク負って一回こっきりの略奪に数千km遠征するくらいなら
    常識的に考えれば交易して儲けることを選ぶわ

    だいたい、100人規模の村を襲って根こそぎ奪うのにどれだけの人員物資が必要か全く考慮してないだろ
    可不可の問題じゃないっていい加減理解しろ
  327. どんだけ複数回線操っているんだろ、まるで雇われ火消し工作員みたいなのがいる、口調論調が全く同じだからバレバレ。

    >ウォリアーズ 歴史を動かした男たち「コルテス —アステカの最後—」 Amazonプライム会員無料
    これキリスト狂徒移民が黄金に目がくらんで内憂外患ドロドロで面白かった。ヴィンサガは優しい先住民相手ではトルヒンが手抜きして活躍がいまいちになりそうだからヤバい敵が出て来て欲しい
  328. 何事かと思ったら臭えww臭すぎんなオイww

    (ワッチョイ 138a-PL4X)
    (アウアウアー Sa6e-J7/K)
    (アウアウクー MM87-J7/K)

    こいつはまさかまさかのwついにやっちまってんじゃねえだろうな?オイw
    少数派のアホがひとりぼっちに耐えられずついに1人でおままごとし始めちまったんか?w
    「なんかあいてはひとりのくせにいっぱいいてずるいぼくもいっぱいいるぞぼくはひとりじゃない」って感じ?w
    スマホに夢中になりすぎていつも噛みついてるほうがおざなりになっちゃってるじゃんwちゃんとやれよww
    頑張れ頑張れw
  329. 255名無しんぼ@お腹いっぱい (アウアウアー Sa6e-J7/K)2021/09/26(日) 20:04:43.09ID:SWvkacsCa
    トルヒンって人殺せないから集落内で重犯罪起きても死刑宣告すらできないよなw

    トルヒンwww
    これはwもう答え合わせと言ってよろしいでしょうか?wいいよね?
    これが少数派なりのやり方ってやつなんですか?涙ぐましく1日頑張ってたんだねw
    かわいそうに…
  330. 作者も使ってるネタだとまだ理解してないバカがいるのか、指導不足だな、五毛党みたいに1レス五毛なのかな。

    >>275
    批判も人気のうちなのにな、バカみたいに手あたり次第言葉尻とらえて難癖付けて叩く火消し工作するからスレが過疎る。
  331. いやいやいやwトルヒンを笑ってるんじゃなくてそのネタ使ってんのがお前とアウアウアー Sa6e-J7/Kだから笑ってんのよ
    本当に頭悪いなお前アスペ極まってんぞw
    で、もう確定ってことでいいよな?もう自白したようなもんだろ?笑うだけで怒らないから言ってごらん

    そもそも難癖付けて叩いてんのはテメエだろうがどの口が言ってんだよ
    ま〜た
    「ぼくがやるのはいいけどぼくがされるのはイヤイヤなの」
    ってわがまま僕ちゃんがジタバタしてんのか?んなもん通るわけねえだろボケ
    こんなスレが過疎ろうがヴィンサガには全く問題ねえし関係ねえわ困るのは他に居場所がないテメエだけだたわけ
    あのゴミ漫画のスレはねえのか?あるわけねえわなw
    テメエがいる限り思う存分バカにしまくってやるからなテメエの居場所なんざここにもねえんだよ
  332. ここでも他のSNSでもトルヒン検索したらいっぱい使ってる人がいる
    文字数短縮したい時にも、トルフィンを可愛く小馬鹿にして言う時にも使えるネタだというのに理解力なさすぎ、
    理解力ないから
    >>250 「剣を持たないという決まりが先にあるんだがな 皆が剣を持たないという事に同意して来てるのに何故また話し合わないといけないのかね 」
    と平和ボケボケ・見当違いの意見しちゃうんだな
  333. >>296
    話の筋はなろう系の領地開拓と変らんな
    主人公の脳みそも同レベル以下だし
  334. そもそもグリーンランドっていう呼称だって、何であんな岩だらけの島がグリーンランドなんだよっつったら
    移住者を釣るための今だったら絶対JAROに怒られる類の誇大広告的ネーミングだった訳じゃん
    そもそもがそういう時代なんだから作中のトルフィンの行動は別に変だと思わないな
  335. >>337
    人の欲望は果てしないと説明してる
    海の向こうに国を作るために主人公が駆け回るストーリーなのに、海の向こうにある豊かな国を略奪したいと燃える戦士がいてもなんら不思議はない
  336. >>337
    ちなみに二世紀遡ってヴァイキングはセーヌ川を遡ってパリまで攻め込んでる
    こういう連中だよ
  337. オスロからパリまでの直線距離は1600km陸路海路伝っても1800キロちょっと。

    オスロからプリンスエドワード島まで直線的海路でもほぼ3倍で当時の航海技術じゃ
    グリーンランドから陸地伝いに行ったから、4倍以上は見ないとむりだろ。

    あと、作中ではなんかのんきな船旅に見えるけど、ほぼ北半球側の最短距離での
    大西洋横断でも、最初に行って見せたレイフやそれに続いたトルフィンのやって見せたことは
    ヴァイキングが仰天するレベルのとんでもないことって理解してる?
    航路だって星や風向きや海流でだいたいの方位割り出すのがせいぜいの時代だよ?
  338. それでも略奪対象が金銀財宝なら頑張るかもしれんけど、コモディティを奪っても
    運ぶのがバカバカしい。
  339. >>349
    アイスランド〜フェロー諸島まで洋上航行で500km、直接イングランドまでだと900km
    グリーンランドから北米カナダのニューファンドランド沿岸までラブラドル海横断が約900kmなので、リスクとしてはアイスランドからイングランドまでのダイレクト航行ってことになる
  340. >>350
    「豊かな国」と吹聴してるので略奪する側は過剰な期待を持つかもしれんな
    とりあえず行ってみるだろ
    何か金目のものが見つかる「かも」しれんし
  341. >>347
    お前さ農場編のとき沸いてた戦車君だろ?
    端から破綻した仮定を補完するために更に仮定の理屈を重ねるアホ
    人に穴を指摘されても無視してゴリ押し
    特徴そのまんまだわ

    なぜアメリカ大陸の発見が赤毛のエイリークではなくコロンブスで周知されているのか
    なぜアメリカ大陸への本格的な入植が数百年も後の時代になったのか
    欧州大陸でも手に入る小麦や木材をわざわざ何千kmも旅して奪いに行く価値がヴァイキングにあるのか

    ちったぁ頭使って考えろ
  342. >>353
    なんで遠隔地というだけで略奪侵略されないとタカをくくれるのか逆に不思議だわ
    すでに航路は拓かれていおり、いずれ交易も始まるとされてるわけだろ
    交易で往来できるなら戦士団が往来できんわけないわな
    否定前提で屁理屈こねたらダメよ
  343. >>354
    横レスだが、遠隔地だとコストが割に合わないからだよ
    それが貧しい開拓地なら尚更
  344. >>355
    そこで効いてくる動機が「豊かな国」という募集案内だよ
    海の向こうに豊かな国ができたらしい
    それだけで妄想を掻き立てるだろ
  345. 戦車君で確定だな
    指摘された後のやり取りが全く同じ
    相手するだけ無駄
  346. >>356
    妄想に付き合える程暇なやつは
    限られてるの。

    今の時点でもレイフの語ったことを
    事実として受け止めて開拓まで
    踏み切ったのはトルフィンとエイナルだけ、
    っていう現状なんだが。

    レイフの人となりを大して知らない
    帰港地の知人なんてホラ噺だと
    思ってたりとかありえそう。
  347. >>358
    いやすでにアイスランドの民会で「豊かな国を作ります」って宣言してるやん
    それで参加者募ってるわけで
  348. アイスランドはレイフ知らんやつ
    いないだろ。
  349. ガイジに構うなよ若君よりアホなの見てわかるだろ
  350. >>354
    ゲーム脳マジでいい加減にしろ

    数千km航海した先で100人規模の集落襲って小麦や材木を略奪してそれを積んで帰ってくるのに必要な人員物資お前の頭で考えて並べてみろ
    脳みそ溶けてんじゃねえの?

    あと"豊かな国"というフレーズを盛んに出してるけど
    トルフィンは(クヌートの)支配の及ばない土地とも言ってる
    つまりトルフィン達はヨーロッパ地域からの干渉を受けない地域まで来たと考えているんだから
    原住民とのトラブルについて検討するならともかく現時点でヨーロッパ地域からの武力干渉なんて想定の外で当然だろ
    そういうのは漫画内で実際にきな臭くなってきてからやれ

    今お前が言ってるのはお前の妄想ストーリーでしかない
  351. >>362
    グリーンランドという名称で入植者を募ったのと基本的にやり口は同じ
    「豊かな国」という動機付けがないと参加者は集まらない
    そして「豊かな国」というフレーズは略奪者にとっても魅力的な言葉として捉えられるってことだよ
    これはゲーム感覚ではない
  352. 食い詰め者で居場所が無い、ハナから「ここではないどこか」を求めている移住者と、
    普通に居場所のある戦士集団に対してでは「豊かな国」の惹句の効果も異なるだろ
    わざわざ大西洋を渡るリスクが移住者にはあるが、せんしにはないんだよ
  353. 何か変な文章になったわ
    わざわざ大西洋を渡るリスクを冒す理由が、移住者にはあっても戦士にはない
    って事だ
  354. そうかな
    イングランドはクヌートの支配領域に組み込まれて略奪遠征の対象地域ではなくなったろ
    平和が訪れると戦士が居場所を無くすなんてのは日本の戦国末期でも扱われてるネタだし
    帰農できない根っからの戦士が遠征したくなる背景は揃ってる
  355. >>363
    あーもういいわお前
    都合の悪いことは目に入らないみたいだし
  356. >>359
    「こんなスレが過疎ろうがヴィンサガには全く問題ねえし関係ねえわ」と他のスレ民みんなに迷惑かける事を開き直った発言している時点で>>342はろくでもないやつ、
    元々の話(紛争起こした前例があるから国防について語る必要がある)反らして特定の個所だけに食いついている様が偏向報道メディアの手口だから話元に戻すといいよ。

    「日本は反戦国家です武力をすべて捨てます 国防について話し合いも一切しません」
    などと言う議員がいたらキチガイか中共工作員、国防についてしっかり話し合うのは常識、平和について幾ら語っても子供たちは守れない、トルヒンは国防について民会で語らないといけない
  357. わざわざ大西洋渡るくらいなら、
    ヨーロッパ大陸を南下する選択肢の方
    が、
    手っ取り早い事実をめそらしかよ。
  358. >>369
    そっちは防備が固いだろ
    なんせ民会で「剣持ち込み禁止」を厳守させてる集団だよ
    略奪者側からみたら鴨にしか見えない
  359. >>369
    あとフランク王国あたりがヴァイキング蹂躙されたのは800年代で
    11世紀時点では沿岸部にノルマンディー公国が建国されてて、こちらもヴァイキングの遠征対象から外れてるだろ
  360. >>370
    弓も槍も持っててんじゃん
    剣槍弓で三すくみのゲームバランスなの?
    グリーンランドすら僻地なのにその先は断崖絶壁の滝になってると信じられてる世界なのに
    もう自分好みの漫画自分で書けよ
  361. >>366
    わざわざアメリカ大陸くんだりまで行く理由がないだろ
    陸伝いに行けるエリアで事足りる
  362. >>370
    防備が固い所はその分富の蓄積も有るだろ
    そしてヴィンランドは実質大海が防備の役割を果たしている
    お前が都合よく持ち出す「クヌート下の平和を良しとしない戦闘狂の戦士」なら、
    航海のリスクより戦闘のリスクを選ぶ筈だし、実入りの良い方を選ぶ
    お前の主張は矛盾してんだよ
  363. >>372
    剣は帯びることで常時武装を可能にするものだからね
    使い勝手がよいからどの時代、どの地域でも必ず武装の一角を占めてる
    襲撃側からみれば弓や槍を十分に駆使できない乱戦に持ち込めば剣を帯びない集団は鴨になる
    たとえば夜襲で集落内戦闘になればもっとも有効な武器は剣になる
  364. >>374
    戦闘そのものが目的の戦闘狂はトルケルと配下ぐらいなもんで、ヨームあたりは楽な鴨相手の略奪はウエルカムだろ
    そのヨームが解散に追い込まれてるわけで
    クヌートが召し抱えるにしても限度があるだろう
  365. >>374
    宝がないというが、王権の及ばない遠隔地に開拓された非武装集落が形成されました
    麦が輸出できるぐらい収穫できます

    「首領を殺して開拓地を丸々奪っちまおう」

    って線もみえてくるわな
  366. 開拓地なんて100年くらいは極貧か資金持ち出しの赤字地域だぞ
    それくらい当時の人間でも知ってる
    欧州だって開拓地だらけなんだから
  367. >>377
    往復するには遠すぎるし定住する気なら幾らでも土地空いてるだろ
    何故かトルフィンの農場をピンポイントで強奪したくて何ヶ月か冒険旅行する覚悟が無いと不可能
    その手間で開拓できるわな
    とりあえずトルフィン絶対殺すマンの設定固めてから書き込んでくれや
    過去に何人か候補いるだろ
  368. >>379
    イングランドは開拓の余地はあるだろうけど、クヌート王権が確立されめてるので他人の土地を奪うわけにはいかないからね
    要はトルフィンの開拓地は武力で奪っても文句言われない旨味がある
  369. ハーフダンに恨み抱いているウルフバート兄弟無視して「敵なんていない」と話しているやつがいるな、
    あいつらがアイスランドの反ハーフダン派やマルクランドの利益しか考えてない自己中連中丸め込んで
    「トルヒンは先住民との紛争を隠していた開拓詐欺師だ!」と騒いで、資源の取り分契約で親分まで引き込んで独立宣言したらトルヒン派以上の勢力の敵になるという話もありえるのに、
    そもそも近隣にノルド恨んでる先住民の敵がいるから「ミクマク族はあいつらから光る石の武器を奪ってこい、さもなくば取引禁止して敵とみなす」と言われたら紛争起きて国はおしまい

    >>344
    トルフィンは銅像まで建てられている歴史的人物だから脳みそレベル上げてほしいな・・・
    レイフやグリーンランドの民が多額の出資しているグリーンランドの命運かけた事業でもあるのにグリーンランド代表が経済・治世の知識もなさそうなギョロくらいなのも残念。
  370. ほんまこいつ…読者の神様俯瞰視点でしか物事見れないんやな
  371. 読者なんだから読者視点の議論になるのは当たり前だわな
    登場人物視点だとウルフバート兄弟のトルフィン批判で明確になってるわけで
  372. >>382
    トルヒンみたいにボケてるの?

    トルヒン自身がハーフダン恨んでいたのでハーフダンが周辺から恨まれていることを一番よく知っていなきゃおかしいし
    レイフみたいな善良そうな人間の弟でもいきなり先住民ぶっ殺して紛争巻き起こす可能性があるという恐ろしい現実も聞いているし
    一枚岩じゃなく法をなめたやつがいるから何処から開拓邪魔する勢力が増したり敵が引き連れてこられてもおかしくないという現実を理解してないならどんだけトルヒンボケているんだ
    情報仕入れて弱者から徹底的に奪う狡猾なアシェラッドと過ごした10年以上の知識はどこに消えたんだか
  373. 健常な読者が作中当時の時代背景や価値観を思い描きながら話してる所にそんなことおかまいなしに時代を超越した現在の価値観でしか物が見れない異常者が入り込んできたところで議論になるわけないだろ
    どうしようもなくなって開き直って暴論振りかざしてる聞き分けのない子供を見てるようだ
    幼稚の一言に尽きる
  374. ふと思ったんだが
    トルフィンの入植事業は定住して農耕ではなく
    遊牧に徹したら争いのない国が実現できるんじゃね
    遊牧民は非定住で移動できるから原住民との軋轢も回避しやすい
    遊牧自体はアイスランドで営まれてるし
  375. >>376,377
    そんなの遠洋航海のリスクを度外視した机上の空論だぞ
    アメリカ大陸までの航海のリスクと、いくら非武装だっつっても小規模の先遣移民団の財産とじゃ釣り合わないだろ
    戦闘や政治的リスクを取っても、もっと近場の集落を狙うに決まってんじゃん
    頭悪いな
  376. 戦車君が脳内で飛躍した妄想ストーリーを元に
    原作がぼくの考えた展開を想定しようとしていない!とキレ散らかしてるのをキチ○イ以外のどんな言葉で表せばいいのか俺には分からん
  377. 正直いちいち気狂いの相手してやるとかみんな優しいんだなーと思って見てる
  378. >>385
    当時の時代背景や価値観が最近の漫画の内容に反映されてない現代的理想が目立つ平和ボケ展開だからトルヒンがバカに見えると突っ込まれているのに理解してなさすぎ、
    剣を持たないと言うとんでも要素入れるなら他をもっとリアルに描いたりトルヒンの活躍増やさないとバランス悪い
    100人前後もの国民の生命・人生・財産を預かるリーダーとしてあまりにも今のトルヒンは幼稚

    >>386
    土地所有に執着している貧困層だし、ヴァイキング拠点のほとんどが潰されているから先住民がゴロゴロいて無理かな、
    少数のマルクランドはそんな感じでもいいかもね、狩りしながらテント生活とか、まあレイフ弟が殺した先住民族と遭遇したらトルケルばりに追撃されてアウトの運しだいw
  379. 戦車君は論点逸らし続けて議論した気になってる唇と全く同じだな
    もうすでに散々論破されてるんだが、まあそれに気付いたら前と同じように勝手に消えるだろうよ
  380. 長くてね。ポイントでは多分参考になる意見も出てるとは思うのだが。追う気にならない
  381. 意地でも戦って欲しいみたいだからほっとこう
  382. >>390
    トルヒンじゃなくてトルフィンな
  383. 〇×君やらモブ達がトルヒンが戦うフラグ発言しているのに理解してないやつがいるのか、
    もしトルヒンが最後の山場でロクに戦わずに「土地代の金払うから喧嘩はやめてアイスランド帰ろうー」なんて締めでオカマ覚醒だけで終えたらガッカリ
    「トルヒンすげー!あんなに強かったんだ!」とモブ達が仰天する展開にするには敵は強ければ強いほどいい
  384. トルヒンなんて主人公は
    ヴィンランド・サガにはいないから、
    スレをお間違えのようなので
    触らないのがキチ。

    PCとスマホ回線切り替えても
    書いてるないよう全然かわらんな
  385. >>390
    うーん
    やはり遊牧では入植者を釣れないか
    北米ネイティブの人口密度はけっこう高かったんだっけ
    遊牧なら原住民と競合しにくいはずなんだが
  386. >>387
    しかしトルフィンらは出資者に還元するため格安で物資を輸出しなけりゃならないわけで
    安定した航路の確保も開拓事業に含まれるわけだろ
    一番長い航路はラブラドル海横断だけだから、この海域の渡海ノウハウが蓄積されれば遠征問題はクリアされるわな
    入植者らが往復できるなら戦士団も当然行ける
  387. この時代、ノウハウは現代とは
    比較出来ないレベルでメシのタネだよ?

    レイフと同じこと出来た人間が、
    作品のなかで今のところこの開拓団だけ、
    という意味、理解しようね。
  388. もちろん水先案内人を確保するんだよ
    それなりに往来が活発化するわけだから航路を知るものも次第に増えてくる
  389. もはやただのBotに成り果てたな言い続ければ真実になるとでも思ってんのか?
  390. 何の伏線も無しに誰かが裏切って手引きして戦士団が湧いてくるって何でもありじゃん
    じゃあトルケルがトルケル星人で心優しいトルケル星人はスーパートルケル人になって秒殺するから人類に敵はいない
    これでもありだろ?良かったな安心したか?
  391. >>398
    馬鹿?
    自分で答え書いてるのに相変わらず矛盾に気が付いていないな
    交易航路を維持する為にトルフィンは格安で商品を輸出すると言ってるんだろ?
    つまり、取引先の商人にとっては旨味があっても、対価を払うことの無い略奪者にとっては何の旨味も無いワケ
    そこらの鄙びた漁港と同レベルの価値しか無いのに長大な航路を辿ってわざわざ遠征に繰り出すのは不自然極まり無いだろ
    理解したか?
  392. >>403
    馬と鹿が一緒にするなと助走つけて
    蹴っ飛ばしに来るレベルだから、
    そろそろNGIDに放り込んだわ。
  393. なんか平日の昼間から鬼連投してなんなの?
    >>363
    じゃあグリーンランドは襲われて滅びてるね
    これは死ぬ寸前の夢の話だね早く全巻燃やせ
  394. 開拓地が軌道に乗れば戦士団が略奪に来るぞ、って?
    よっぽど暇なんだな戦士団って
  395. いくら防衛体制がお粗末な村だと聞かされたとしても実際に略奪に全く抵抗しないなんて誰も考えないだろ
    少なくとも標的の村の男衆よりは戦闘要員を揃える必要がある
    100人村相手なら戦士6、70人は最低限必要と判断するだろう
    加えて長距離航海では戦闘に参加しない兵站要員、水夫も必要になる
    軍船は積載量で劣るから往路の物資と略奪品を積む運搬船も数隻は必要(というよりロングシップで外洋は無理かも知れない)
    略奪品が小麦に木材だから相当数が必要だな
    運搬船一隻に5人として5隻で25人
    ざっと村人と同数の総勢100人の船団になるな
    (そればかりか、豊かな村と噂される頃にはアルネイズの村は数百人規模になってるだろうからもっと人員が要る)

    寄港して補給できない状態で遠征するには途轍もなく準備と金が掛かる
    これらコストに加えて喫水の浅い彼らの船と北大西洋の高波
    風向きが悪ければ単帆船の足は容易に遅くなり下手すりゃ遭難
    そんなリスクを排して必死で向かった先で奪えるモノが小麦と嵩張る木材?舐めてんの?
  396. 反ハーフダン派の偽装移民を先兵スパイにしてから、金の力で国内分裂扇動させて、隙を見て●●を人質に指導者脅して攻めれば少数で楽に平和ボケ国を落とせる、
    現代でも中国共産党に大活用されている基本的な人口侵略方法 兵法三十六計 反間計・苦肉計・笑裏蔵刀。 http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=809599
    http://img-cdn.jg.jugem.jp/bf9/28563/20060327_152786.jpg

    そういやトールズって誰がフローキに情報売ったのだろう、優秀な戦士が必死に頭使って隠れていたはずなのに
  397. お前ら喧嘩するのはやめて異世界のんびり農家でも読めよ(´・ω・`)
  398. >>408
    完全論破されたらまーた急にスパイとか言い出したな
    しれっと話変えて居座んなボンクラ
  399. >>394
    お爺ちゃんだから小さい「ィ」が打てないんだよ
    気づいてやれよw
  400. それは流石にスラングだろ